FELISSIMO
初めての方へ ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
ホーム カタログ案内 企業情報 株主・投資家情報
企業情報
フェリシモニュース
経営理念
企業価値
会社情報
事業紹介
環境への取り組み
CSR
コーポレートガバナンス
個人情報保護方針
お問い合わせ(企業情報)
採用情報

2011-5
2011年1月25日

第166回神戸学校 2011年2月
兵庫県立美術館 館長の蓑 豊さんにご講演いただきます


 

株式会社フェリシモでは、2月の神戸学校で、兵庫県立美術館 館長の蓑 豊さんをゲストにお招きいたします。
パッションとハングリー精神旺盛な蓑さんの根幹をなすものは“誰にも負けない専門性”“文化を伝えることへの熱い思い”そして“グローバルな行動力”です。古美術商での修行時代、ハーバードで美術史を学ぶハードな日々、そしてご自身が企画した展覧会開催のため錚々たる大企業や日本政府にスポンサーになってもらうために駆けずり回った海外での学芸員時代のことなど、世界を舞台に果敢に挑戦を続けてきた蓑さんの物語は、わくわくするような冒険に満ちあふれています。「経済が文化を活性化するのではなく、文化が経済を活性化する」「生活に余裕をもってエンジョイすることで、人には創造性や新しい技術が生まれる、だからこそ美術館をはじめとする美的産業は大事なのだ」とお考えをお持ちの蓑さんは、“美術館のセールスマン”として地域の人たちを巻き込み、美との出会いの場を創造することと同時に、海外、そして遠い未来を見据え、地域発の世界に誇れる美術館経営に情熱を注いでこられました。「美術館にも経営哲学を!」という信念のもと、その設立に手腕を振るわれた「金沢21世紀美術館」は、独自性と魅力によって話題となり、人々に愛される美術館となっています。
なぜこれほどまでに美術館経営に力を注がれるのかというお話に始まり、理想とする美術館のあり方、去年就任された兵庫県立美術館館長としての夢を語っていただきながら、私たちが美術館とともに実現できることは何かを考えたいと思います。

2011年2月の神戸学校 開催データ
ゲスト :蓑 豊さん(兵庫県立美術館館長)
テーマ:世界中から来てもらえる美術館を創りたい!


日時:2011年2月19日(土)13:30~16:00
*13:00開場
場所:神戸朝日ホール(神戸市中央区浪花町59番地)
交通:JR・阪神・阪急・神戸市営地下鉄「三ノ宮(三宮)」各駅より徒歩10分
参加料:おひとり 一般 1,200円(学生 1,000円)
ペア(おふたり) 一般 2,000円(学生 1,600円)
*中学生以下の方は無料
*ご参加料は全額「あしなが育英会」の神戸レインボーハウス(震災遺児の心のケアハウス)の運営支援に活用されます。

蓑 豊さん

■蓑 豊(みのゆたか)さん プロフィール

1941年金沢市生まれ。69年~71年カナダ・ロイヤルオンタリオ博物館(トロント市)東洋部学芸員。76年ハーバード大学大学院美術史学部博士課程修了、翌年同大学文学博士号取得。76年より、カナダ・モントリオール美術館東洋部長、アメリカ・インディアナポリス美術館東洋部長、シカゴ美術館 中国・日本美術部長、東洋部長などを歴任。95年に帰国後は大阪市立美術館長、全国美術館会議会長など。2004年「金沢21世紀美術館」館長就任。同時に金沢市文化顧問を務め、05年より金沢市助役も務める。07年より「金沢21世紀美術館」特任館長、大阪市立美術館名誉館長となる。また07年には、歴史ある世界的なオークションハウスであるサザビーズ北米本社副社長就任。2010年4月より兵庫県立美術館 館長に就任。 


■神戸学校とは

今回で166回目を数える神戸学校は、阪神淡路大震災をきっかけにスタートした講演会です。豊かな人生を送ることを目指した「生活デザイン学校」として、毎月1回、各界でご活躍のオーソリティーを神戸にお招きして開催しています。



■お申し込み方法

神戸学校ウェブサイト(https://www.felissimo.co.jp/kobe/)からお申し込みいただけます。
これまでのゲストの講演内容をレポートしています。


■神戸学校に関するお問い合わせ先

神戸学校事務局 078-325-5727(平日10:00~17:00)

 

◆本件に関するお問合せ先

株式会社フェリシモ 本社広報グループ(吉川・関谷)
TEL.078-325-5700  FAX.078-393-3377
e-mail: press@felissimo.co.jp