FELISSIMO
初めての方へ ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
ホーム カタログ案内 企業情報 株主・投資家情報
企業情報
フェリシモニュース
経営理念
企業価値
会社情報
事業紹介
環境への取り組み
CSR
コーポレートガバナンス
個人情報保護方針
お問い合わせ(企業情報)
採用情報

2010-18 (n10_0009)
2010年6月2日

神戸学校6月
イッセー尾形さんの「ひとり芝居」演出で著名な
森田雄三さんにご講演いただきます


 

森田雄三さん


株式会社フェリシモでは「神戸学校」6月のゲストに森田 雄三さん(演出家)をお迎えし、「日常にある『笑い』について」というテーマでご講演いただきます。
 
イッセー尾形さんの「ひとり芝居」の演出で著名な森田さんは、素人を瞬時に舞台に上げるという、マジックのような仕事をしておられます。森田さんは、演劇ネットワークという公共の事業で「4日間の稽古で、誰でも舞台で演じる」活動を全国各地で行いました。

その成功例が、兵庫県下の現役の中学校の先生たちが繰り広げる舞台。これまでに5年で10数回の公演をしています。また、今話題を呼んでいるのが、「方言によるラジオドラマ」の制作です。見ず知らずの人が初対面で、親子や恋人を演じます。方言は「自分は忘れてしまっている」と思いがちです。捨ててしまった「もうひとりの自分」が蘇る瞬間は、本人にも聞いている人にも、喜びが湧いてくるのです。
神戸学校の6月では、森田さんと「先生芝居」の方々をお迎えし、実際に演劇を披露していただく時間も設けます。不良少年への指導や保護者からの苦情に奮闘する教師の姿がおもしろおかしく演じられる中には、多くの人が学生生活の中で経験したであろうことへの共感や「生もの」を扱うおもしろさでいっぱいです。素人の日常の経験を演劇へと昇華させてしまう森田さんの演出家としての手腕、そしてそれらの創作活動を通して演劇の可能性を追求しているNPO法人「ら・ら・ら」の活動についてもお話をお伺いします。


神戸学校とは

今回で158回目を数える神戸学校は、阪神淡路大震災をきっかけにスタートした講演会です。豊かな人生を送ることを目指した「生活デザイン学校」として、毎月1回、各界でご活躍のオーソリティーを神戸にお招きして開催しています。


開催データ

日時:
2010年6月19日(土)13:30~16:00 *13:00開場

場所:
エスパスフェリシモホール(神戸市須磨区弥栄台2-7)神戸市営地下鉄「総合運動公園」駅前すぐ

参加料:
おひとり      一般 1,200円(学生 1,000円)
ペア(おふたり)  一般 2,000円(学生 1,600円)

*中学生以下の方は無料
*ご参加料は全額「あしなが育英会」の神戸レインボーハウス(震災孤児の心のケアハウス)の運営支援に活用されます。


お申し込み方法

神戸学校ウェブサイト(https://www.felissimo.co.jp/kobe/)からお申し込みいただけます。
本ウェブサイトでは、毎回の詳しい様子とこれまでのゲストの講演をレポートしています。


神戸学校に関するお問い合わせ先

神戸学校事務局 078-325-5727(平日10:00~17:00)



 

◆本件に関するお問合せ先

株式会社フェリシモ 本社広報グループ(吉川・関谷)
TEL.078-325-5700  FAX.078-393-3377
e-mail: press@felissimo.co.jp