日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

幸福のチョコレート2021キャンペーン

新着

【2月お届け便】クリストフ デ グローブ ハート

1箱

¥2,600(+8% ¥2,805

特急便&予約便

基金付き予約送料別

まろやかチョコに、パフがサクサク!
フェリシモ特注のスペシャルハート!

ベルギーとオランダの国境近くの町のアットホームなショコラトリーは、息子さんが心を込めて手作りしたチョコを、チャーミングなお母さんがかわいくラッピング。 フェリシモ限定のハートチョコは、ナッツの風味かリッチでまろやかなジャンドゥーヤタイプのプラリネをミルクチョコでカパー。中にちりばめたクラッシュしたローストヘーゼルナッツの香ばしさが絶妙アクセントです。

数量

ショッピングバッグに入れる

キャンペーンについての注意事項はこちら

LOVE & THANKS 基金
「幸福のチョコレート」の商品価格の約1%は、ガーナのカカオ農園の生活支援や児童労働をなくす活動「スマイル・ガーナプロジェクト」に運用しています。詳しくは、
こちらのファンドレポートをご覧ください。

→うち26円は「LOVE & THANKS基金」として運用されます。(基金部分は非課税)
■内容量 / 8個
■サイズ / 箱:縦約9cm、横約13cm、高さ約2.5cm
(ベルギー)
【FELISSIMO ONLY】
【情報カード付き】

  • お申し込み締め切り:2021年1月31日(日) お届け時期:2021年2月中旬~下旬
  • ※月々の定期便とは別便でお届けします。 ※配達日の指定はできません。 ※ギフト配送は対応していません。 ※複数の商品をご注文いただいた場合、お届け日は別々になることがあります。 ※ラッピング・二重包装など個々の包装対応はお受けできません

    ※輸入商品は、一部デザインなどが変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。 ※チョコレートは長く保存すると風味を損ないます。必ず指定の温度以下で保存し、賞味期限内であってもなるべく早くお召し上がりください。 ※手づくりのチョコレートは、内容量に多少のばらつきのある場合があります。 ※製造場所はアレルギー対応はしておりません。 ※味覚には個人差がありますので、カタログ/WEB表現のイメージと異なる場合があります。 ※日本初上陸・FELISSIMO ONLYの記載は2020年10月末時点の確認です。 ※ご予約期間中であっても、たくさんのご注文をいただいた場合、お申し込み締め切り前にご注文の受け付けを終了する場合があります。お早めにお申し込みください。 ※配送上の都合により、離島その他一部の地域へはお届けできない場合があります。

    送料について:同一便の1回のお申し込みごとに、ご注文金額が税込み5,000円以上の場合は、送料無料。5,000円未満の場合は、送料の一部として450円(+10% 495円)を別途申し受けます。
  • 特定商取引法に関する表示

    ●発送元:フェリシモ
    ●お問い合わせ先:フェリシモ(詳しくはこちらをご覧ください)
    ●交換・返品について:食品は商品の性質上、交換・返品は原則としてお受けできません。
    ●ご注文キャンセルについて:ご予約に基づいて商品をご用意しますので、お申し込み後のご注文キャンセルや内容の変更はお断りしています。(詳しくはこちらをご覧ください。)
    ●事業者名(販売元):フェリシモ

関連アイテム

幸福のチョコレート|クリストフ デ グローブ ハート

この商品の【3月お届け便】はこちら

  • 幸福のチョコレート|【2月お届け便】クリストフ デ グローブ ハート
  • 幸福のチョコレート|【2月お届け便】クリストフ デ グローブ ハート

PREV

NEXT

ZOOM

2月便お届け

幸福のチョコレート デジタルカタログ

SHOP PHOTO

  • 幸福のチョコレート|【2月お届け便】クリストフ デ グローブ ハート|日本のお客さまへのメッセージとして『幸福のチョコレート』の手書きプレートをお願いしました。そこにはそれぞれの人柄があふれています。

    日本のお客さまへのメッセージとして『幸福のチョコレート』の手書きプレートをお願いしました。そこにはそれぞれの人柄があふれています。

■チョコレートバイヤーみりの語り■

《クリストフ デ グローブ》 ~ベルギー・ゼルザーテ~


よく来てくださいました。このベルギーのショコラティエの話は聞いてほしい。
このお店大好きなんで、すっ飛ばしなしで聞いてほしいです。

この街にバスで行きました。聞いたことがない街の名前です。ゼルザーテ。バスを降りたら、繁華街なんかもないんです。2階建てくらいの建物が広く並んでる感じ。かといって、自然がいっぱいという感じでもなく、おそらく観光地でもなく、一見さんの外国人にはまったく用事のない街というのはわかりました。

そこに小さな間口のショコラティエがありました。

私たちが行くと、言葉少なに、「えーと、今までどこに行った? ブリュッセル? 」「行きました。」「まあ、ノーマルやね」「あと、アントワープに行きました」「ま、それもわかる」「ゲントにも行きました」「うん……。それも普通……。えーと。ここには近所の人しか来ない。99%知り合いしか来ない。えーと」。あれ? 何が聞きたいのかな? ちょっと下向いてる。なんでここに来たのか聞きたいのかも。
「日本にまだ紹介されてない素晴らしいチョコレートを探してます」。
そう言うと顔がぱっと変わりました。「そーか。そーか。なるほどー!」納得がいったようで、それから急にテンションが上がってフレンドリーになりました。かわいい小柄なお母さんが出てきました。親子でお店を切り盛りしているのがわかります。

もうバスの時間があるからと言っても、2人でステレオのように「これも食べなさい」「こっちも!」。ついには時間がないけれど、チョコの実演を始めてくれました。最後にモールド(型のことです)からはずす作業を私にやってみろと言います。ちょっとうまくいかず割れてしまったけど、とってもハイテンション。この人はここで毎日毎日チョコをこうやって型からはずして作ってるんですね。
お母さんはかわいい包み紙でていねいにおみやげを包んでくれるのです。


もう時間がない……。本当にあったかな親子ショコラティエでした。息子さんが作って、お母さんがラッピング。
この人たちにとって日本のみなさんにチョコレートを送ることは本当に特別なことです。毎日の顔の見える相手に作るのとは違う非日常。きっと、このことを特別なことに思ってくれてることでしょう。ぜひ、この人たちが作る気持ちのこもったチョコを食べて欲しいと思いました。
おまけですが、この方々は、「チョコを探しているんでしょう。いいチョコがあるから紹介してあげる」と、違うショコラティエの連絡先を紹介してくれるんです。これはほんまにベルギーだけです。ライバルではなく、みんな友だちだと思っているんでしょう。ほんまにいい人でしょ。
 せっかくの特別なチョコです。オートメーションも悪くはないですが、いい人が作ったものを食べたいです。
そして、なかなか行くことができない街だと思いますが、この人たちにいつか会ってほしいです。以上、長くなりましたがお付き合いいただいてアリガトウございます!



バイヤーみりが世界中から発掘してきたチョコレートの通販・ギフトなら幸福のチョコレート

幸福のチョコレート