日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

【ホワイトデイお届け】コールリバーファーム ベリーココナツチョコ

幸福のチョコレート2020キャンペーン

【ホワイトデイお届け】コールリバーファーム ベリーココナツチョコ

1個

¥1,850(+8% ¥1,996

特急便&予約便

基金付き予約送料別

このおいしさ、あり得ない! テレビで話題をさらった絶品、ラズベリーミルクチョコ。

オーストラリア・タスマニア島で出合ったのは、ヘルシーであり得ないほどおいしいチョコレート。ラズベリーピューレを吸わせてキャラメライズしたココナツと自家栽培のラズベリーを混ぜ合わせたホワイトチョコレートのタブレットに、ローストしたココナツとフリーズドライのラズベリーをトッピング。まろやかなホワイトチョコと香ばしいココナツが溶けあって、さらにラズベリーの酸味が追いかけてくる ! 手間暇かかった分だけなんとも言えない幸福に満たされます。
昨シーズン、TVで紹介されて話題になった大人気チョコ。売り切れ必至!お早めに!

数量

ショッピングバッグに入れる

キャンペーンについての注意事項はこちら

LOVE & THANKS 基金
「幸福のチョコレート」の商品価格の約1%は、ガーナのカカオ農園の生活支援や児童労働をなくす活動「スマイル・ガーナプロジェクト」に運用しています。詳しくは、
こちらのファンドレポートをご覧ください。

→うち18円は「LOVE&THANKS基金」として運用されます。(基金部分は非課税)
■内容量 / 約85g
■サイズ / パッケージ:縦約15.5cm、横約13.5cm、厚さ約2cm
※商品の特性上、割れがある場合があります。
※トッピングが外れている場合があります。
(オーストラリア)
【FELISSIMO ONLY】
【情報カード付き】

  • 早期予約特典締め切り日:2019年12月13日(金)
    ホワイトデイ便お申し込み締め切り:2020年2月29日(土) 23:59 ※インターネットのみ
    お届け時期:2020年3月上旬~3月13日(金)
  • 特定商取引法に関する表示

    ●発送元:フェリシモ
    ●お問い合わせ先:フェリシモ(詳しくはこちらをご覧ください)
    ●交換・返品について:食品は商品の性質上、交換・返品は原則としてお受けできません。
    ●ご注文キャンセルについて:ご予約に基づいて商品をご用意しますので、お申し込み後のご注文キャンセルや内容の変更はお断りしています。(詳しくはこちらをご覧ください。)
    ●事業者名(販売元):フェリシモ

SHOP PHOTO

  • 幸福のチョコレート|【ホワイトデイお届け】コールリバーファーム ベリーココナツチョコ
  • 幸福のチョコレート|【ホワイトデイお届け】コールリバーファーム ベリーココナツチョコ|まるで景色が絵のよう!!まるで景色が絵のよう!!
  • 幸福のチョコレート|【ホワイトデイお届け】コールリバーファーム ベリーココナツチョコ|ずらり並んだチョコレート、きれい!ずらり並んだチョコレート、きれい!
  • 幸福のチョコレート|【ホワイトデイお届け】コールリバーファーム ベリーココナツチョコ
  • 幸福のチョコレート|【ホワイトデイお届け】コールリバーファーム ベリーココナツチョコ
  • 幸福のチョコレート|【ホワイトデイお届け】コールリバーファーム ベリーココナツチョコ

■チョコレートバイヤーみりの語り■


《コールリバーファーム》~オーストラリア・タスマニア~


何年かに一度の大発見!天才コールリバーファーム

タスマニア。

行ったことがありますか? オーストラリア大陸の右下の島・タスマニア。

タスマニアに幻のチョコレートがありました。ホント? いまだに信じられません。


ここにチョコレートがあると聞いて、私のイメージはたっぷりのミルクを使ったファーム系ナチュラルチョコレート。「素朴」をイメージしてたんです。

でも、そうでしょ? タスマニアですよ。人より牛が多いのです。

旅行に行く人も少ないでしょうし、南極に行く人が通過する島と聞いていました。

そんなイメージだったので、信じがたい。

今もってしても信じがたい。


コールリバーファームは農園にあって、そこで採れるベリーを使ったチョコを作っていると。

車で行ってみて、確かに広大な農園がありました。

これです。

コールリバー1

広大です。

しかし、このときこの景色は目に入っていませんでした。

だって。

コールリバー2

店おしゃれすぎへん???

なに?

このかっこいいお店は?

ファームチョコレートって言ってたやん。

コールリバー3

入り口もおしゃれすぎてわからへん。

あ、こっちか。

店内から見て「あー、きれいな絵」と思ったら。

コールリバー4


コールリバー5

えー。景色の見せ方もおしゃれ。

訳がわからない。

そして、チョコレートを食べてさらに訳のわからないことに。

コールリバー6

すごすぎーー。

どれを食べても素晴らしい。

オリジナリティー、バランス、味の変化、食感......。

すごすぎや。。


ショコラティエのディミトリさん。とても控えめにチョコを説明してくれます。

コールリバー7

まるでフルコースが一粒に収まっているよう。

思わず、前職はシェフですか?と聞いてしまったほど。

ありとあらゆるタスマニアの素材が魔法にかけられてチョコレートになっているよう。

いや、私今うまいこと言うたかも知れない。

そのくらい「チョコってここまで出来るんだ」と思ったのです。

彼は14歳ですでにベルギーでチョコレートを作っていたそうです。その後メルボルンで働いて、その後ここタスマニアに来たそう。

とてもていねいで、やさしい!

天才やのにいい人。


穏やかにこうおっしゃってました。

「ライフスタイルでここを選んでいます。次々と素晴らしい素材が目の前にあって、季節ごとに創作は大忙し。アトリエで退屈したことがありません」。

私、この天才とここで一緒に暮らすって決意したんですが。

「僕の彼女です」ってやさしくエスコートされて、性格良さそうなかわいいショコラティエが出てきました。仲よく一緒にチョコに向かってるんですって。

あ、なるほど。ふ~ん。


そんなどうでもいい話はおいといて。このレベルのチョコが、すみませんがこの世界的に見ても田舎と言ってもいいタスマニアの奥地にあるんですよ。

いったい誰が買いに来るの??って思ってしまう。

でも、彼のうわさを聞いてみんな車で買いに来ています。タスマニアの人センスあるわー。


何年に一度の大発見、ぜひ一番に紹介したい。


ちなみにボンボンはバラエティー豊か。オーロラやしょうゆチョコレート。どれもすごい。ぜひ食べてほしい。


でも、まずはこれを食べてほしい。

コールリバー8

これはここの農園で採れたラズベリーを乾燥させて、ココナツに染み込ませてローストするという、なんとも手の込んだラズベリーココナツチョコレート。ミルクもタスマニア産です。

衝撃のおいしさです。

タスマニアのこの絶景で作られるチョコ。

一生ものの経験ですよ。

チョコ旅の続きはチョコレートバイヤーみりのブログでぜひご覧ください!

CHOCOLATE BUYER MIRI'S BLOG チョコレートバイヤーみりの 世界の果てまでチョコレート! レアもの探して、どこまで行く!?
チョコレートの最新情報はSNSから発信中! ぜひぜひフォローしてくださいね。
ツイッター @chocochoco_miri
インスタグラム @buyer_miri
フェイスブック @choco.miri

ページのトップへ

幸福のチョコレート