日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

【ホワイトデイお届け】アーティゾン パショネ ムシュワール ダ ショレ

幸福のチョコレート2020キャンペーン

【ホワイトデイお届け】アーティゾン パショネ ムシュワール ダ ショレ

1箱

¥1,400(+8% ¥1,510

特急便&予約便

基金付き予約送料別

さわやかなおいしさでファン獲得! 情熱の「赤」。

アボラ産アーモンドを使ったオレンジ風味のマジパンとピエモンテ産ヘーゼルナッツのプラリネを赤いチョコレートでカバー。しっとり&シャリッの食感に、オレンジのさわやかさがたまらない! 自分用にもプレゼントにも最適な6個入り。白いボックスもおしゃれ。

LOVE & THANKS 基金
「幸福のチョコレート」の商品価格の約1%は、ガーナのカカオ農園の生活支援や児童労働をなくす活動「スマイル・ガーナプロジェクト」に運用しています。詳しくは、
こちらのファンドレポートをご覧ください。

→うち14円は「LOVE&THANKS基金」として運用されます。(基金部分は非課税)
■内容量 / 6個
■サイズ / 箱:約4×4cm、高さ約4cm
(フランス)
【情報カード付き】

  • ホワイトデイ便お申し込み締め切り:2020年2月29日(土) 23:59 ※インターネットのみ
    お届け時期:2020年3月上旬~3月13日(金)
  • ※月々の定期便とは別便でお届けします。 ※配達日の指定はできません。 ※ギフト配送は対応していません。 ※複数の商品をご注文いただいた場合、お届け日は別々になることがあります。 ※ラッピング・二重包装など個々の包装対応はお受けできません

    ※輸入商品は、一部デザインなどが変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。 ※チョコレートは長く保存すると風味を損ないます。必ず指定の温度以下で保存し、賞味期限内であってもなるべく早くお召し上がりください。 ※手づくりのチョコレートは、内容量に多少のばらつきのある場合があります。 ※製造場所はアレルギー対応はしておりません。 ※味覚には個人差がありますので、カタログ/WEB表現のイメージと異なる場合があります。 ※日本初上陸・FELISSIMO ONLYの記載は2019年10月末時点の確認です。 ※ご予約期間中であっても、たくさんのご注文をいただいた場合、お申し込み締め切り前にご注文の受け付けを終了する場合があります。お早めにお申し込みください。 ※配送上の都合により、離島その他一部の地域へはお届けできない場合があります。

    送料について:同一便の1回のお申し込みごとに、ご注文金額が税込み5,000円以上の場合は、送料無料。5,000円未満の場合は、送料の一部として450円(+10% 495円)を別途申し受けます。
  • 特定商取引法に関する表示

    ●発送元:フェリシモ
    ●お問い合わせ先:フェリシモ(詳しくはこちらをご覧ください)
    ●交換・返品について:食品は商品の性質上、交換・返品は原則としてお受けできません。
    ●ご注文キャンセルについて:ご予約に基づいて商品をご用意しますので、お申し込み後のご注文キャンセルや内容の変更はお断りしています。(詳しくはこちらをご覧ください。)
    ●事業者名(販売元):フェリシモ

SHOP PHOTO

  • 幸福のチョコレート|【ホワイトデイお届け】アーティゾン パショネ ムシュワール ダ ショレ|びっくりしません?赤チョコ登場です。あの青チョコ・ケルノン ダルドワーズの兄妹分なんです。いや、日本から作ってって言ったわけじゃないんです。お店は違うんですが、このオーナー同士がなかよしで、よく一緒にセット販売しようとしてるそうです。でも、なかよしだけどお店はぜんぜん違うので、味わいも違います。ケルノンはさくさく香ばしい懐かしい味に対して、こちら赤チョコはオレンジ風味のアーモンドペースト、マジパンとプラリネを赤いチョコで包んだ高貴な味わいなのです。いや、ほんまに食べたら予想外の本気のお味に驚くと思う。びっくりしません?赤チョコ登場です。あの青チョコ・ケルノン ダルドワーズの兄妹分なんです。いや、日本から作ってって言ったわけじゃないんです。お店は違うんですが、このオーナー同士がなかよしで、よく一緒にセット販売しようとしてるそうです。でも、なかよしだけどお店はぜんぜん違うので、味わいも違います。ケルノンはさくさく香ばしい懐かしい味に対して、こちら赤チョコはオレンジ風味のアーモンドペースト、マジパンとプラリネを赤いチョコで包んだ高貴な味わいなのです。いや、ほんまに食べたら予想外の本気のお味に驚くと思う。
  • 幸福のチョコレート|【ホワイトデイお届け】アーティゾン パショネ ムシュワール ダ ショレ|そして、この白の上品なライン。見てください。おっしゃれー。さっすがフランス。しかし、モードなチョコと思いきや……。繊維の町ショレにお店はあります。このハンカチはヴァンデ戦争のショレの戦いで戦死したヘンリー・ダ・ラ・ローシュ・ジャ・カ・ランという名の大将を記念して作られたそうで、彼は、戦争中に味方が簡単に自分の事が分かるよう、帽子と腕と首に3つの白いハンカチを巻いて戦っていた。そして、それが彼のトレードマークとなり、フランスの中でも有名な大将だった。しかし、1793年10月17日に戦死し、発見された際に白いハンカチが真っ赤に染まっていた。ショレの人々は、彼を忘れないために、ショレの特産品である織物を使い、その血に染まったイメージでハンカチをデザインした。今では、そのハンカチが繊維の町ショレの特産品として有名になっているそうです。そして、この白の上品なライン。見てください。おっしゃれー。さっすがフランス。しかし、モードなチョコと思いきや……。繊維の町ショレにお店はあります。このハンカチはヴァンデ戦争のショレの戦いで戦死したヘンリー・ダ・ラ・ローシュ・ジャ・カ・ランという名の大将を記念して作られたそうで、彼は、戦争中に味方が簡単に自分の事が分かるよう、帽子と腕と首に3つの白いハンカチを巻いて戦っていた。そして、それが彼のトレードマークとなり、フランスの中でも有名な大将だった。しかし、1793年10月17日に戦死し、発見された際に白いハンカチが真っ赤に染まっていた。ショレの人々は、彼を忘れないために、ショレの特産品である織物を使い、その血に染まったイメージでハンカチをデザインした。今では、そのハンカチが繊維の町ショレの特産品として有名になっているそうです。
  • 幸福のチョコレート|【ホワイトデイお届け】アーティゾン パショネ ムシュワール ダ ショレ|ちなみに製品名である”ムシュワール ダ ショレ”とは、「ショレのハンカチ」という意味だそうです。いわれはゴツゴツ系ですが、味はめちゃくちゃセレブ上品系。そのギャップも魅力のひとつです。ちなみに製品名である”ムシュワール ダ ショレ”とは、「ショレのハンカチ」という意味だそうです。いわれはゴツゴツ系ですが、味はめちゃくちゃセレブ上品系。そのギャップも魅力のひとつです。
  • 幸福のチョコレート|【ホワイトデイお届け】アーティゾン パショネ ムシュワール ダ ショレ

■チョコレートバイヤーみりの語り■


《ムシュワール ダ ショレ》~フランス・アンジェ~


赤チョコ"ムシュワール ダ ショレ"のほんとの魅力

すみません。今まで私が間違っていました。
今まで青チョコと並び人気だった赤チョコこと"ムシュワール ダ ショレ"。

ケルノンはフランス・アンジェの名産品の青い石をイメージしてますが、このアーティゾン パショネが作る赤チョコはショレの名産品、赤いハンカチをモチーフにしているのです。マジパンの感じといい、オレンジのお酒の香りといい、すごいなとは思っていたんです。
でもね。出来すぎ君なんです。
なんか、出来すぎでスルーしてしまっていました。

私は実はお店を取材していなかったのです。
今回ようやくお目にかかれました。

ムシュワール ダ ショレ1

2人のショコラティエは同じ学校出身で、お互いいい刺激を受けながら日々チョコレートやケーキを作っているそうです。

ムシュワール ダ ショレ2


ムシュワール ダ ショレ3


ムシュワール ダ ショレ4

いや、驚いたのはね、この赤チョコはレベルがすごく高いとは思っていたんです。でも、ここまでとは思わなかった。

ムシュワール ダ ショレ5

アトリエに着くなり置かれていた塊にびっくり。
こっこれは。。。

ムシュワール ダ ショレ6

プラリネを作るときはナッツを飴がけしてそれを砕き、チョコに混ぜるのですが。通常仕入れてきたりするものです。それをこの人たちはそこから作っているのです。
うわー。。。
私への手づくりアピール。みなまで言わないで。どしーーーんと伝わりました。手間かかってる。

ムシュワール ダ ショレ7

もちろん赤チョコも素晴らしいですが。
盆栽も食べたい......。

ムシュワール ダ ショレ8

他も気になる。。

ムシュワール ダ ショレ9

こっこれはうまい......!
と言うものが赤チョコの他にもありました。
これはやばい......、ジャンドゥーヤのビスケットチョコレートです。
うまーーーい。割れてしまうかも知れないけど、とにかく日本に紹介しなければ!!!
見積もりくださーーーい!

ムシュワール ダ ショレ10


ムシュワール ダ ショレ11

これももちろん、ひとつひとつ手作り......。
いやーー、これは。価値あります。
スタッフ試食会でもこれが一番人気でした。


すごいわ、この人たち。これからは、"アーティゾン パショネ"のムシュワール ダ ショレと、ちゃんとなまえに店名を付けて呼ぼう。

ページのトップへ

幸福のチョコレート