日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

チヨコ ジンジャーブレッドクッキー

新着

チヨコ ジンジャーブレッドクッキー

1個

¥3,800(+8% ¥4,100

特急便&予約便

基金付き予約送料別

ジンジャーとチョコのしあわせな出会い。

ヘルシンキのチヨコから、地元で大人気のクッキーが初上陸。北欧らしいスパイスのきいたジンジャーブレッドクッキーに、まろやかなミルクチョコをたっぷりコーティング。サクサクの食感とスパイスの香り、チョコとの相性が抜群です。一枚で大満足できるボリュームもうれしい!

数量

ショッピングバッグに入れる

キャンペーンについての注意事項はこちら

LOVE & THANKS 基金
「幸福のチョコレート」の商品価格の約1%は、ガーナのカカオ農園の生活支援や児童労働をなくす活動「スマイル・ガーナプロジェクト」に運用しています。詳しくは、
こちらのファンドレポートをご覧ください。

→うち38円は「LOVE&THANKS基金」として運用されます。(基金部分は非課税)
■内容量 / 6枚
■サイズ / パッケージ:直径約8cm、高さ約8.5cm
(フィンランド)
【FELISSIMO ONLY】
【情報カード付き】
※日本初上陸・FELISSIMO ONLYの記載は2020年8月中旬時点の確認です。

  • お申し込み締め切り:2020年11月8日(日) お届け時期:2020年12月中旬~下旬

  • ※チョコレートは手づくりのため、内容量に多少のばらつきのある場合があります。 ※製造場所は アレルギー対応はしておりません。 ※チョコレートは長く保存すると風味を損ないます。必ず指定の温度以下で保存し、賞味期限内であってもなるべくお早めにお召し上がりください。 ※ご予約期間中であっても、たくさんのご注文をいただいた場合、お申し込み締め切り前にご注文の受け付けを終了する場合があります。お早めにお申し込みください。 ※商品を複数ご注文の場合、お届けが別々になることがあります。 ※ギフト配送やラッピングは対応していません。 ※配達日の指定はできません。 ※配送上の都合により、離島その他一部の地域へはお届けできない場合があります。 ※輸入商品は、予告なくパッケージのデザインなどが変更になる場合があります。 ※この商品は年末にお届けする〈予約便〉です。月々の〈定期便〉とは別便でお届けします。

    送料について:同一便の1回のお申し込みごとに、税込み5,000円以上のお申し込みで全国送料無料。5,000円未満の場合、送料の一部として495円(税込み)をご請求します。複数回に分けてお申し込みの場合、送料は別々に計算します。
  • 特定商取引法に関する表示

    ●発送元:フェリシモ
    ●お問い合わせ先:フェリシモ(詳しくはこちらをご覧ください)
    ●交換・返品について:食品は商品の性質上、交換・返品は原則としてお受けできません。
    ●ご注文キャンセルについて:ご予約に基づいて商品をご用意しますので、お申し込み後のご注文キャンセルや内容の変更はお断りしています。(詳しくはこちらをご覧ください。)
    ●事業者名(販売元):フェリシモ

SHOP PHOTO

  • 幸福のチョコレート|チヨコ ジンジャーブレッドクッキー|ヘルシンキの海が見渡せる高台にある大人気店。実力派のミカさんが作るチョコは、フィンランド産の素材がたっぷり。カラフルな色使いにもトレンド感があふれています。ヘルシンキの海が見渡せる高台にある大人気店。実力派のミカさんが作るチョコは、フィンランド産の素材がたっぷり。カラフルな色使いにもトレンド感があふれています。
  • 幸福のチョコレート|チヨコ ジンジャーブレッドクッキー
  • 幸福のチョコレート|チヨコ ジンジャーブレッドクッキー

■チョコレートバイヤーみりの語り■


《チヨコ》~フィンランド~



ヘルシンキの人気店は大忙し!チヨコ

ヘルシンキから日本初上陸のお店をご紹介します。

とっても人気なんです。

その名もチヨコさんと言って、チョコレート屋さん、そのまんまなんですが。

チヨコ1

名まえにひねりがないのが潔し! 好きです。

チヨコ2

すでにヘルシンキに何店舗かある人気店です。

ショコラティエのミカさん(男性の名まえです)、そしてマネージャーのローラさんがお店のオープン前に迎えてくれました。このビルは100年前のものだそうで、歴史のある建物です。そして、もともとはレストランだったけれど、14年前からチョコレートも作り出したところ大人気になりました。

チヨコ3

そして、訪問の前日は母の日。ヨーロッパでは母の日の贈り物の定番はチョコレートなのです、各お店から

「もっとくれー!」

「もっとくれーーーーー!」とたいへんだったそうです。

チヨコ4

明るいローラさんは表情筋をフルに使って説明してくれました。日本だったら間違いなくTVのトーク番組に出れるだろうな。

こんな人気店なのに話を聞くと、なんと海外にチョコを送ったことがないそうです!

お宝チョコですよーーー。

ローラさんの表情筋とは対照的に職人ミカさんはもくもくとチョコレートを作るタイプのようです。ミカさん、みなまで言わんでいい。分かりますともあなたの言いたいことは。チョコを見たら分かります。

この方、作ることが大好きです。

もともとミカさんは絵を描くことが好きだったらしく、チョコもアーティスティックです。私たちが行くということでフィンランドらしいベリー系のチョコレートをお皿に盛って待ってくれていました。

チヨコ5

もちろん素晴らしいです、ミカさん! あなたの実力はオーラで感じてます。 でもね、私になんか隠してませんか?

もっと見せて!

商談ルームから出て、私はお店のショーケースが早く見たかったのです。

本人が思う自分の良さと、周りから見た良さは何においても違うのです。そう、何においても。

だから、食い気味に全部見せて! とお店に移動しました。

チヨコ6

ほら、あった。

チヨコ7

ほら。これなに?

これはなんなんですか?

「え?どれが?」ってミカさん。

チヨコ8

この黒に光り輝くオリジナリティーのオーラ!! このチョコですがな。

チヨコ9

黒のハートという強気な小悪魔! そしてその中身は地元産のラズベリーチョコレート!

やった。私を引っ張る引力はこのチョコレートが発していました。

来たで。日本から。

連れて帰るで!


聞いたらこのブラックハートチョコはいつもは作っていない、母の日用のチョコでたまたまここにあったということです。

ついてる!

もちろん、いまどきなペイントカラフルチョコレートも素晴らしい完成度ですが。味といいビジュアルといい。私はブラックハートにチヨコパワーを感じたのでした。


ミカさんのこだわりと技術はいずれ日本でも世界でも認められる日が来るでしょう。

その一歩をぜひあなたに体験してほしいです!


チヨコ10


そんな〈チヨコ〉さん、もちろんチョコも素晴らしいんですが、素晴らしいビスケットがあります。

チヨコ11

このジンジャーブレッドです。スパイシーなんですが、そこまでではない。

そして、このデザインにするところが北欧らしいですよね。

モダンでキュート、みんなが思う北欧デザインです。

フィンランドの空気を感じながら、こたつに入って「あーヘルシンキ行きたいなー」って言いながら食べていただきたいです。

チョコ旅の続きはチョコレートバイヤーみりのブログでぜひご覧ください!

CHOCOLATE BUYER MIRI'S BLOG チョコレートバイヤーみりの 世界の果てまでチョコレート! レアもの探して、どこまで行く!?
チョコレートの最新情報はSNSから発信中! ぜひぜひフォローしてくださいね。
ツイッター @chocochoco_miri
インスタグラム @buyer_miri
フェイスブック @choco.miri

ページのトップへ

幸福のチョコレート