日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

ラ デスペンサ デ パラチオ リンコネーテス 

至福のご褒美スイーツ
ピンバッジプレゼント

ラ デスペンサ デ パラチオ リンコネーテス 

1箱

¥5,800(+8% ¥6,259

特急便&予約便

基金付き予約送料別

スペインで250年の時を刻む 老舗菓子店のスペシャリテ。

ナッツを練り込んださっくりとした生地で、かぼちゃとレモンのジャムをサンドしたケーキ。ドンキホーテで知られる小説家、セルバンテスへのオマージュとして生まれた歴史あるお菓子。「リンコネーテ」とは彼が書いた小説の登場人物の名前。かすかに香るシナモンとクローブ、ジャムの風味がやさしくて、ほっこり、しあわせな気持ちに。

LOVE & THANKS 基金
「幸福のチョコレート」の商品価格の約1%は、ガーナのカカオ農園の生活支援や児童労働をなくす活動「スマイル・ガーナプロジェクト」に運用しています。詳しくは、
こちらのファンドレポートをご覧ください。

→うち58円は「LOVE&THANKS基金」として運用されます。(基金部分は非課税)
■内容量 / 10個
■サイズ / 箱:縦約22.5cm、横約12cm、高さ約4cm
※食品は商品の特性上、不良品以外の交換・返品はお受けできません。
(スペイン)
【日本初上陸】
【FELISSIMO ONLY】
【情報カード付き】

  • お申し込み締め切り:2019年11月7日(木) お届け時期:2019年12月中旬~12月下旬

  • ※チョコレートは手づくりのため、内容量に多少のばらつきのある場合があります。 ※製造場所は アレルギー対応はしておりません。 ※チョコレートは長く保存すると風味を損ないます。必ず指定の温度以下で保存し、賞味期限内であってもなるべくお早めにお召し上がりください。 ※ご予約期間中であっても、たくさんのご注文をいただいた場合、お申し込み締め切り前にご注文の受け付けを終了する場合があります。お早めにお申し込みください。 ※商品を複数ご注文の場合、お届けが別々になることがあります。 ※ギフト配送やラッピングは対応していません。 ※配達日の指定はできません。 ※配送上の都合により、離島その他一部の地域へはお届けできない場合があります。 ※輸入商品は、予告なくパッケージのデザインなどが変更になる場合があります。 ※この商品は年末にお届けする〈予約便〉です。月々の〈定期便〉とは別便でお届けします。

    送料について:同一便の1回のお申し込みごとに、税込み5,000円以上のお申し込みで全国送料無料。5,000円未満の場合、送料の一部として495円(税込み)をご請求します。複数回に分けてお申し込みの場合、送料は別々に計算します。
  • 特定商取引法に関する表示

    ●発送元:フェリシモ
    ●お問い合わせ先:フェリシモ(詳しくはこちらをご覧ください)
    ●交換・返品について:食品は商品の性質上、交換・返品は原則としてお受けできません。
    ●ご注文キャンセルについて:ご予約に基づいて商品をご用意しますので、お申し込み後のご注文キャンセルや内容の変更はお断りしています。(詳しくはこちらをご覧ください。)
    ●事業者名(販売元):フェリシモ

SHOP PHOTO

  • 幸福のチョコレート|ラ デスペンサ デ パラチオ リンコネーテス 
  • 幸福のチョコレート|ラ デスペンサ デ パラチオ リンコネーテス 
  • 幸福のチョコレート|ラ デスペンサ デ パラチオ リンコネーテス 

■チョコレートバイヤーみりの語り■


《ラ デスペンサ デ パラチオ》~スペイン~



スペインの王室御用達250年の歴史・ラ デスペンサ デ パラチオ

1743年創業。250年の歴史を誇るスペイン・アンダルシア地方の老舗菓子店。

ロイヤルファミリーやセレブからも愛され、国内外の賞も多数受賞。

そう聞いておりましたけれども。

何よりも魅力的なのはこのヨーロピアンでクラシックな雰囲気のあるパッケージです。

ラ デスペンサ デ パラチオ1

私たちがわざわざ海外のスイーツを買う動機というのは、「あの箱かわいい」「あの缶ほしい」という気持ちが半分くらいは占めているのではないでしょうか?

そんな海外大好き乙女ゴコロを十二分に満足させてくれるのが、こちらの「ラ デスペンサ デ パラチオ」です。

スペイン語で「王宮のパントリー(食糧庫)」という意味だそうです。

その名の通り、先祖代々スペイン王室のベーカリーとして活躍して来られました。


私お先に試食させていただきました。まぁ聞いてください。



そしてこちらが本家のYoutubeチャンネルなのですが。

かっかわいい...! 数人のおばあちゃんが手作業でお菓子をくるくるくるくる作っています。

なんだかしあわせな光景。いいもん見せてもらいました。

しかも、250年間同じ薪のオーブンでお菓子を焼いていると。ちっちゃ!この窯で1回にいくつ焼けるのか?

もう、生きた博物館です。

同じくこちら本家の動画で、チョコを作っているところです。

うわー。。昔ながらの石臼ですね。"ビーントゥバー"などというイマドキな言葉が浮いちゃうくらいの重厚さです。

もうおいしいに決まっているので、ぜひこの機会にスペインの歴史の味を味わってみてくださいね。

チョコ旅の続きはチョコレートバイヤーみりのブログでぜひご覧ください!

CHOCOLATE BUYER MIRI'S BLOG チョコレートバイヤーみりの 世界の果てまでチョコレート! レアもの探して、どこまで行く!?
チョコレートの最新情報はSNSから発信中! ぜひぜひフォローしてくださいね。
ツイッター @chocochoco_miri
インスタグラム @buyer_miri
フェイスブック @choco.miri

ページのトップへ

幸福のチョコレート