日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

ピエニ スクラーテヘダス クリスマスツリーチョコ

至福のご褒美スイーツ
ピンバッジプレゼント

ピエニ スクラーテヘダス クリスマスツリーチョコ

1箱

¥2,500(+8% ¥2,698

特急便&予約便

基金付き予約送料別

フィンランド発、新しい景色が見える!?さわやかな森の香り。

「これは、この人にしか作れない!」とチョコレートバイヤー みりが絶賛したのは、クリスマスツリーのビーントゥーバー。ブラジル産カカオのミルクチョコに、ピーターさんの庭のトウヒの木の新芽を練り込んでいます。チョコの深い味わいにハーブのような香りが加わって、目の前に見たことのない景色が広がるような新鮮さ! 食べた人しかわからない新しい感覚、あなたの舌で確かめて。

LOVE & THANKS 基金
「幸福のチョコレート」の商品価格の約1%は、ガーナのカカオ農園の生活支援や児童労働をなくす活動「スマイル・ガーナプロジェクト」に運用しています。詳しくは、
こちらのファンドレポートをご覧ください。

→うち25円は「LOVE&THANKS基金」として運用されます。(基金部分は非課税)
■内容量 / 約50g
■サイズ / 箱:縦約14cm、横約6.5cm、高さ約1cm
※商品の特性上、割れがある場合があります。
※食品は商品の特性上、不良品以外の交換・返品はお受けできません。
(フィンランド)
【日本初上陸】
【FELISSIMO ONLY】
【情報カード付き】

  • お申し込み締め切り:2019年11月7日(木) お届け時期:2019年12月中旬~12月下旬

  • ※チョコレートは手づくりのため、内容量に多少のばらつきのある場合があります。 ※製造場所は アレルギー対応はしておりません。 ※チョコレートは長く保存すると風味を損ないます。必ず指定の温度以下で保存し、賞味期限内であってもなるべくお早めにお召し上がりください。 ※ご予約期間中であっても、たくさんのご注文をいただいた場合、お申し込み締め切り前にご注文の受け付けを終了する場合があります。お早めにお申し込みください。 ※商品を複数ご注文の場合、お届けが別々になることがあります。 ※ギフト配送やラッピングは対応していません。 ※配達日の指定はできません。 ※配送上の都合により、離島その他一部の地域へはお届けできない場合があります。 ※輸入商品は、予告なくパッケージのデザインなどが変更になる場合があります。 ※この商品は年末にお届けする〈予約便〉です。月々の〈定期便〉とは別便でお届けします。

    送料について:同一便の1回のお申し込みごとに、税込み5,000円以上のお申し込みで全国送料無料。5,000円未満の場合、送料の一部として495円(税込み)をご請求します。複数回に分けてお申し込みの場合、送料は別々に計算します。
  • 特定商取引法に関する表示

    ●発送元:フェリシモ
    ●お問い合わせ先:フェリシモ(詳しくはこちらをご覧ください)
    ●交換・返品について:食品は商品の性質上、交換・返品は原則としてお受けできません。
    ●ご注文キャンセルについて:ご予約に基づいて商品をご用意しますので、お申し込み後のご注文キャンセルや内容の変更はお断りしています。(詳しくはこちらをご覧ください。)
    ●事業者名(販売元):フェリシモ

SHOP PHOTO

  • 幸福のチョコレート|ピエニ スクラーテヘダス クリスマスツリーチョコ
  • 幸福のチョコレート|ピエニ スクラーテヘダス クリスマスツリーチョコ
  • 幸福のチョコレート|ピエニ スクラーテヘダス クリスマスツリーチョコ
  • 幸福のチョコレート|ピエニ スクラーテヘダス クリスマスツリーチョコ
  • 幸福のチョコレート|ピエニ スクラーテヘダス クリスマスツリーチョコ

■チョコレートバイヤーみりの語り■


《ピエニ スクラーテヘダス》~フィンランド~


フィンランドを溶かして固めたようなビーン トゥ バー!

フィンランドのヘルシンキからポルボーという小さな町にバスで移動しました。


ピエニ スクラーテヘダス1

とってもかわいい村です。


ピエニ スクラーテヘダス2

そこにあったのはピエニ スクラーテヘダスさん。

ピエニ スクラーテヘダス3

ビーン トゥ バーのお店です。 ここまで来た甲斐があったーーー。

みなさま、チョコレート好きはもうご存じですが、今世界的なビーン トゥ バーブームがやってきて、コーヒー豆のようにチョコもカカオ豆の違いを楽しむようになってきています。それには今まで巨大だったカカオの豆を挽く機械の小型化がありますし、やっぱりお客さまがそこまでのチョコレートを求めるようになって来たからだと思います。

ただ、ひとつ問題が。

ビーン トゥ バーは豆の違いに注目しているので、作ってる人の個性や、国ごとの文化の違いが出にくいのです。それもあって、これはフィンランドらしいかな?というチョコ旅としての説明が難しいのです。

ですので、今回訪問にやや腰が引けてたのですが。

思いっきりテンションマックスにしてくれるようなチョコレートに出会ったのです。


ピエニ スクラーテヘダスとは"小さなチョコレート工場"という意味です。

ピエニ スクラーテヘダス4

ショコラティエはピーターさん。まず、私が持っていた「幸福のチョコレート」のカタログを食い入るように見ています。

ピエニ スクラーテヘダス5

もう、人のチョコレートに興味津々なのです。作り手としてスイッチ入ってます。

熱心な作り手です。

ピエニ スクラーテヘダス6

この工房はもちろん、豆の焙煎からやっていますが、そのこだわりはなんとパッケージまでフィンランド製と、何もかも見える、納得のいくことを貫いています。

ミルクもフルーツもフィンランド産だそうです。

そして、それどころか。チョコを作るエネルギーまで再生可能なエネルギーを使っているそうです。

ピエニ スクラーテヘダス7


ピエニ スクラーテヘダス8

面白いと思ったのは、まず、ピーターさんの庭にあるクリスマスツリーの新芽を自分で採ってそれをチョコに練りこんだもの。

ピエニ スクラーテヘダス9

これ、バルト三国でも食べたことがあるのですが、とっても爽やかでほかにないおいしさなのです。いやー。これは必食です。

チョコマニアさん、あなたです。これ! 食べてみて。フィンランドから取り寄せる意味がありますよ。


そして、もう一つ。

これがビビった。スモークチョコレート。

ピエニ スクラーテヘダス10

燻製も北欧文化ですが、これまた自分の庭で豆をスモークしてるそうなんですが。

ウイスキーに合うーーーー!

何なんだろ!? この素晴らしいセンス!

これまた必食!!!

もちろん、フィンランドと言えばベリーなので、王道フィンランドミルクのイチゴチョコレートもご用意しました。

ピエニ スクラーテヘダス11

どれもフィンランドを溶かして固めたようなチョコ。気合いの入った一品ばかりです。


実は「幸福のチョコレート」のお客さまは板チョコよりボンボンチョコレートがお好きなのは分かっています。

しかし、これは素通りしないでー。

ほかにはない味わい。

価値ありますよ。

ピエニ スクラーテヘダス12




チョコ旅の続きはチョコレートバイヤーみりのブログでぜひご覧ください!

CHOCOLATE BUYER MIRI'S BLOG チョコレートバイヤーみりの 世界の果てまでチョコレート! レアもの探して、どこまで行く!?
チョコレートの最新情報はSNSから発信中! ぜひぜひフォローしてくださいね。
ツイッター @chocochoco_miri
インスタグラム @buyer_miri
フェイスブック @choco.miri

ページのトップへ

幸福のチョコレート