日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

幸福のチョコレート2021キャンペーン

【2月お届け便】ベリシュカ ミントハートチョコ

1箱

¥3,800(+8% ¥4,100

特急便&予約便

基金付き予約送料別

【2020年度ミント系チョコ1位】 湖の宝石が、ハートになった。

昨年、バレンタインカタログの表紙を飾った大人気ミントチョコがハートになって再登場! ベリシュカはスロベニアの美しい森にあるショコラティエ。店の前に湧き出る泉の色が、まさにこの色なんです。ツヤツヤの美しいコーティングの下はダークチョコで、中にはまろやかなミント味のクリームがたっぷり。ミントチョコが苦手な人にもぜひ食べてほしい、やさしいさわやかさです。4回も塗り直すというコーティングが美しい!

数量

ショッピングバッグに入れる

キャンペーンについての注意事項はこちら

LOVE & THANKS 基金
「幸福のチョコレート」の商品価格の約1%は、ガーナのカカオ農園の生活支援や児童労働をなくす活動「スマイル・ガーナプロジェクト」に運用しています。詳しくは、
こちらのファンドレポートをご覧ください。

→うち38円は「LOVE&THANKS基金」として運用されます。(基金部分は非課税)
■内容量 / 6個
■サイズ / 箱:縦約4.5cm、横約20cm、高さ約3cm
※パッケージは変更になる可能性があります。
(スロベニア)
【FELISSIMO ONLY】
【情報カード付き】
※日本初上陸・FELISSIMO ONLYの記載は2020年8月中旬時点の確認です。

  • お申し込み締め切り:2021年1月31日(日) お届け時期:2021年2月中旬~下旬
  • ※月々の定期便とは別便でお届けします。 ※配達日の指定はできません。 ※ギフト配送は対応していません。 ※複数の商品をご注文いただいた場合、お届け日は別々になることがあります。 ※ラッピング・二重包装など個々の包装対応はお受けできません

    ※輸入商品は、一部デザインなどが変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。 ※チョコレートは長く保存すると風味を損ないます。必ず指定の温度以下で保存し、賞味期限内であってもなるべく早くお召し上がりください。 ※手づくりのチョコレートは、内容量に多少のばらつきのある場合があります。 ※製造場所はアレルギー対応はしておりません。 ※味覚には個人差がありますので、カタログ/WEB表現のイメージと異なる場合があります。 ※日本初上陸・FELISSIMO ONLYの記載は2020年10月末時点の確認です。 ※ご予約期間中であっても、たくさんのご注文をいただいた場合、お申し込み締め切り前にご注文の受け付けを終了する場合があります。お早めにお申し込みください。 ※配送上の都合により、離島その他一部の地域へはお届けできない場合があります。

    送料について:同一便の1回のお申し込みごとに、ご注文金額が税込み5,000円以上の場合は、送料無料。5,000円未満の場合は、送料の一部として450円(+10% 495円)を別途申し受けます。
  • 特定商取引法に関する表示

    ●発送元:フェリシモ
    ●お問い合わせ先:フェリシモ(詳しくはこちらをご覧ください)
    ●交換・返品について:食品は商品の性質上、交換・返品は原則としてお受けできません。
    ●ご注文キャンセルについて:ご予約に基づいて商品をご用意しますので、お申し込み後のご注文キャンセルや内容の変更はお断りしています。(詳しくはこちらをご覧ください。)
    ●事業者名(販売元):フェリシモ

関連アイテム

幸福のチョコレート|ベリシュカミントハートチョコ

この商品の【3月お届け便】はこちら

  • 幸福のチョコレート|【2月お届け便】ベリシュカ ミントハートチョコ|周りはビターの大人味。ミントのおいしさ再発見!
  • 幸福のチョコレート|【2月お届け便】ベリシュカ ミントハートチョコ

PREV

NEXT

ZOOM

2月便お届け

幸福のチョコレート デジタルカタログ

SHOP PHOTO

  • 幸福のチョコレート|【2月お届け便】ベリシュカ ミントハートチョコ|森と湖に囲まれた美しい風景の中にたたずむ家族経営のお店。ハーブオイルや果実酒を作っている経験が生きるチョコは、技術も美意識も完成度もすごい。素晴らしいショコラティエです。

    森と湖に囲まれた美しい風景の中にたたずむ家族経営のお店。ハーブオイルや果実酒を作っている経験が生きるチョコは、技術も美意識も完成度もすごい。素晴らしいショコラティエです。

  • 幸福のチョコレート|【2月お届け便】ベリシュカ ミントハートチョコ|日本のお客さまへのメッセージとして『幸福のチョコレート』の手書きプレートをお願いしました。そこにはそれぞれの人柄があふれています。

    日本のお客さまへのメッセージとして『幸福のチョコレート』の手書きプレートをお願いしました。そこにはそれぞれの人柄があふれています。

  • 幸福のチョコレート|【2月お届け便】ベリシュカ ミントハートチョコ

■チョコレートバイヤーみりの語り■


《ベリシュカ》~スロベニア~



森の泉湧き出る秘境チョコ、ベリシュカ

ついにこのベリシュカの話をする日がやって来ました。

私はこの感動をどう伝えたらいいのか。私のお話なんかじゃ伝わらないわと思って後回しにして来ました。しかし、その時がやって来ました。

聞いてほしいーーー。

ベリシュカ1

ベリシュカのオーナー、サモさんがスロベニアの首都リュブリャナのホテルまで車で迎えに来てくれました。交通手段がないのです。

車で1時間かかる山の中だと。

途中、車窓から鹿を見ました。初めて行ったら不安になると思いますが、スロベニアの景色にもすっかり慣れていました。

山々を抜けて里を超え、ようやく着きました。


まず、驚いたのは泉です。

ベリシュカ2

湧き出る泉があるのです。色がまるでバスクリン。

「お前が落としたのはこの銀の斧か?それともこの金の斧か?」

の泉はこういう泉です。きっと。神様出てきそう。どぶろっくやモンスターエンジンじゃなくって、ちゃんとした神様です。

森からの水がどんどん湧き出ていて、小さな泉ですが、とんでもなく深いそうです。

ベリシュカ3

この冷たい水を利用してベリシュカはウイスキーを作っているお酒のメーカーです。もともとはお父さまがユーゴスラビア時代に森の植物やハーブのエキスを抽出するお仕事をされていて、その技術を応用して息子さんのサモさんがウィスキーを勉強して作ったそうです。その勉強の途中で日本のニッカウヰスキーを勉強したそうで、とても詳しかったです。

ベリシュカ4


ベリシュカ5

お父さまも一緒に働いていました。そして、今学生の息子さんが手伝っていました。家族で仕事することをとってもしあわせそうに話してくれて。なんて素晴らしい空間にいるのかしらと思いました。3代の家族経営の工房に加わったのは、サモさんの妹さんです。もともとオーダーメイドのケーキを作っていたところ、お兄さんに呼び寄せられ、お酒に合うチョコレートを作ったところ大人気になったとか。

ベリシュカ6


ベリシュカ7

とても美しいチョコに驚いて「技術がありますね」と言ったところ、「大事なのは気持ち」とおしゃってました。素敵すぎる。

ベリシュカ8


ベリシュカ9

何もかもうまくいってるように見えるベリシュカさんですが。

スロベニアは人口は少ないので海外で商品が売りたいと思う。でも、ひとつ大きな問題がある。商品はいいんだけど。世界の人がスロベニアをイメージできない。近くのドイツ人でさえ、スロベニアの場所が分からない人もいるんだ。だから、チョコの紹介もしてほしいけど、ぜひ、スロベニアの国のことを日本に紹介してほしい。と。

そうかあ。確かに。この森の美しさ、おとぎの国のような非現実感。確かに知らなかった......。

ベリシュカ10

ということで、ぜひベリシュカのチョコでスロベニアとつながってください!

今回、日本でミントチョコが流行っているということで、ベリシュカの泉のような青いミントチョコを作ってもらいました。

「幸福のチョコレート2020」カタログの表紙 を飾っているのはこのチョコレートです!!!

ベリシュカ11


ベリシュカ12


スロベニアの、車をチャーターしないと行けないような、深い森の中にあるお酒を造る工房でもあるベリシュカさん。お店兼工房の目の前には深い泉がありました。森から冷たい泉が湧き出ているそうです。

ベリシュカ13

「この泉をイメージしたチョコを作ってください」と言って作ってもらったのが、去年の表紙の青いチョコでした。

味は日本でブームのミントチョコでとお願いして、オリジナルで作ってもらったんです。お陰さまで大人気になりました。

すごく人気になったので、「今回はあのままの味で、形をハートにしてください」とお願いしました。

ベリシュカ14

私、形を変えるぐらいだからそんなに難しくないと思ってたんです。

ところが、これがなかなかの無理難題だったようで......。

私ね、知らんかったんです。

あのチョコレートに秘められた苦労を。

それはこの青い色です。

実は4回塗っているんですって。

初め緑色を塗って、次に青色を重ねて......それを繰り返す。

ハートにするとさらに難しい、色が剥げてロスがたくさん出てしまうから大変だ、とおっしゃっていて......

そんなん今まで知らんかった......

言ってくれたらいいのに。

でも、ものづくりの苦労は何も語らないのが職人さんです。

そして、人の手がかかっているものは、それだけパワーが宿っています。だから去年あんなに売れたのかも。

作るのは大変。それでも日本の人に届けたい! という彼らの思いが込められています。

「みりさん、難しいからハート形は無理です」と断らずに、こちらの思いを汲んで、一生懸命ハート形で作って届けてくれたんです。

でもやっぱり実際作るのは難しいから、あんまり数はできないかも知れない。「買わんといてください」......なんて私が言うたらアカンのですけど、とっても手のかかった大事な大事なこのチョコを、どうしても食べてみたい! という人限定でお願いします。

スロベニアの空気のような爽やかなミントの味わいです。

チョコ旅の続きはチョコレートバイヤーみりのブログでぜひご覧ください!

CHOCOLATE BUYER MIRI'S BLOG チョコレートバイヤーみりの 世界の果てまでチョコレート! レアもの探して、どこまで行く!?
チョコレートの最新情報はSNSから発信中! ぜひぜひフォローしてくださいね。
ツイッター @chocochoco_miri
インスタグラム @buyer_miri
フェイスブック @choco.miri

バイヤーみりが世界中から発掘してきたチョコレートの通販・ギフトなら幸福のチョコレート

幸福のチョコレート