日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

佛師に習うにっぽんのいのり わたしの秘仏 仏像彫刻入門レリーフ編

日常にきよらかさを生む、仏像彫刻

佛師に習うにっぽんのいのり わたしの秘仏 仏像彫刻入門レリーフ編

お申し込み番号:134822

1セット

¥3,800(+8% ¥4,104)

コレクション ジャストワン

無心になって彫り 自分の中の仏さまをかたちにする 心満たされる、ライフワーク。

親しみのある仏さまからはじめて、3ヵ月で基本の技を習得していきます。佛師が伝授するDVDで入門にも最適。1日10分でも落ち着いて向き合うことで忙しい日々のリセットになります。

タイプ
数量

ショッピングバッグに入れる

キャンペーンについての注意事項はこちら

■セット内容 / 彫り方指導DVD1枚、レリーフ板1枚、カーボン紙1枚、下絵1枚、スタンド1個、すべり止めシート1枚(「地蔵菩薩」お届け時のみ)
■素材 / レリーフ板:天然木(ジェルトン) カーボン紙・下絵:紙 スタンド:ポリスチレン すべり止めシート:塩化ビニル
■サイズ / DVD収録時間:約45分(お届けする内容により異なります) レリーフ板:縦約15cm、横約10cm、厚さ約1cm カーボン紙:縦約23cm、横約16cm 下絵:縦約15cm、横約10cm スタンド:幅約8cm、奥行き約9cm、高さ約12cm すべり止めシート:縦約30cm、横約23cm
※お届けする木材は天然木材のため、ひとつひとつ木目や色が異なります。自然の風合いとしてお楽しみください。
※お申し込みの際は、ご希望のタイプを必ずご選択ください。
●この商品は、お申し込みいただいた月だけお届けします。
(レリーフ板 原産国:インドネシア すべり止めシート:中国製 DVD・カーボン紙・下絵・スタンド:日本製)

ジャストワン

この商品はご案内しているワンデザインを、ご注文いただいたその月の定期便として1回だけお届けするパターンです。
毎月お届けするほかの商品とは異なり、自動的にお届けが継続しないため、ストップのご連絡は必要ありません。

にっぽんのいのり

佛師の立花麟士さんのお話

手を合わせるこころで向き合う

仏像彫刻

仏さまを彫るというと「敷居が高い」と思われるかもしれません。美術が好き、歴史が好きというところから気軽に始める方もいらっしゃいますが、「自分が彫るなんておそれ多い」という方が、私の教室の生徒さんでも大半です。けれ ど、そういう気持ちを持っているということは、仏さまを彫るうえで大事なことです。尊ぶ気持ちがある方のほうが、か えってすっと入られるように思います。
仏さまは、その前で人が「手を合わせる」ことが大前提です。そこがほかの 木彫と仏像彫刻の根本的な違いです。板を彫って作品をつくるのとは違う。木の中におられる仏さまをお迎えする、そんな気持ちでいます。恰好つけているように聞こえるかもしれませんが、だんだんと木の中にいらっしゃる仏さまを感じられるようになると思います。
はじめるきっかけも、想いも祈りも、人それぞれでいいのです。仏像彫刻教室に来られ る方は、年代も、理由もさまざまです。家族のためにがんばるご主人のために、あるいは、毎日食事をつくってくれる奥さまに、「ありがとう」という気持ち、離れて暮らす親御さんをいたわる気持ち、子どもの成長を願う想い……、そんな感謝や祈りが、「手を合わせる」ということだと思います。決してむずかしいもの、堅苦しいものではありません。日々の中の想いが、仏さまを彫ることで、かたちになっていくのです。

あらためて気づく自分の居場所

仏像彫刻

仏さまを彫ることで、たくさんの気づきや学びがあります。私自身がそうでした。はじめたのは10歳のとき。我な がら変わった子どもだと思いますが、母親が信心深く、一緒にお寺巡りをしていたので、とても身近な世界だったのです 。仏像彫刻の愛好家の方々の作品展を見る機会があり、やってみたい、この世界に入りたいと思いました。ところが、彫 刻刀が危ないと、そこでは教えてもらえなくて。あきらめきれず訪ねたのが、地元の大佛師が主宰する仏像彫刻の教室でした。学校がある平日しか教室がなく、断られるとばかり思っていたのですが、突然やって来た小学生のために土曜日の 教室を設けてくださったんです。小さな私と師匠のマンツーマンです。本当にありがたかったです。
その後も、佛師 になるまでは紆余曲折がありました。高校1年のとき、阪神・淡路大震災に見舞われ、自宅が全焼。加古川の親戚の家に 身を寄せ、学校も半年間通えず……。なにもかもに絶望し、震災から半年後、教室を辞めるつもりで挨拶に行きました。 そうしたら、師匠は何も言わず、私に彫刻刀一式を差し出されたのです。家も持ち物もすべて失った自分に、彫刻刀を用 意して師匠は待っていてくださった。自分の居場所を得たようで、救われた気持ちになりました。
現在、佛師として独立し、仏像彫刻の教室も主宰しているのは、このときの経験が人生の糧になっているからです。やりたいのにやれなか った時期があるから、教室に通うのがむずかしい方、きっかけがない方など、彫りたい方々のちからになれたならうれしい。仏さまを彫ることで、あたりまえの日常のなかにもきっと、さまざまな気づきや学びがもたらされると思います。

自分の中の仏さまと出会う

仏像彫刻

仏さまを彫ることも、写経も、写仏も、向かうときの気持ちは同じです。ご自身がひかれるもの、相性がよいものを 選べばよいと思います。
書や絵はゼロからつくっていく足し算ですが、仏像彫刻は引き算です。木からいらないもの を引いていって、仏さまの姿を残す。作品をつくるというのではなく、その人の想いがかたちになっていくので、仏さま に「失敗」や「上手、下手」はありません。これで完成というのも自分の気持ちひとつです。
人の中には「仏性(ぶっしょう)」があると言われます。仏性とは、生まれながらにそなわっている、仏の性質。仏像彫刻には、自分の中にある仏さまが形になってあらわれるような感覚があるんです。表情やたたずまいに、彫った人それぞれの想いがあらわれ、 愛着もひとしおだと思います。

心静かで清らかなひとときを

仏像彫刻

仏さまが一体あると、ふしぎとその場の空気感が変わります。できあがったらどこに置けばよいですか?と聞かれる ことがありますが、必ずここという決まりはありません。光の加減や仏さまの大きさにもよりますが、きっと家の中を見 渡せば、ここという場所が自ずと見えてくると思います。
彫刻刀に慣れていないと最初は疲れるので、根を詰め過ぎ ないで、肩の力を抜いて楽な気持ちで向かってみてください。人は本来、なにかを生み出すのが好きなのだと思います。 1日10分程度でも、日常を忘れ、無心になって、仏さまと向き合うのはいいものです。自分のため、大事な人 を想うための時間ですから、がんばりすぎないことが秘訣です。忙しい毎日の中に、心静かで清らかなひとときをもって いただけたらなによりです。

にっぽんワークショップ
日本に暮らしながら実はよく知らない、日本の伝統や文化、知恵や慣わし……。
海外からもあこがれられる、奥深い世界に一歩ふみだす、きっかけがつくれたら。
にっぽんワークショップは、そんな想いからはじまりました。
日々の暮らしの中で、日本文化を学ぶ生活体験講座です。
案内役には、伝統を今に受け継ぎ、伝える継承者をお迎えしました。
ずっとつづいてきた大事なものを受けとめ、そしてまた、次の世代へ、
あなたの手で、バトンをつないでいきませんか。

¥ In stock
Shopping Guide お買い物ガイド
定期便とは

定期便は、お申し込みいただいた商品を、色柄・デザイン違いで毎月1回お届けするのを基本とした販売スタイルです。ファッションアイテムは、ご自身でワードローブを編集しやすいよう、ご希望のデザイン・カラーを一度だけお届けする「ジャストワン」商品を中心にご案内。それ以外の「毎月お届け」の商品(~の会)は、お届けするデザインをフェリシモにお任せいただいています。
欲しいものを選ぶ「ジャストワン」の楽しさ、箱を開くまで届くデザインがわからない「毎月お届け」のワクワク感。両方あわせてお楽しみください。
ジャストワン以外の「毎月お届け」の商品をお申し込みの際も、 もちろん1回だけでお届けをストップしてもOKです!

欲しいものを選ぶ楽しさ。

ご希望のものを、お申し込みのあったその月だけお届けします。
まさにコレ!が欲しいときに。

ドキドキ、ワクワクの楽しさ

どんな色が届くかな?毎月の箱を開くワクワク感をお届けします。
毎月自分プレゼントが届く感覚でお楽しみください。

Q&A よくあるご質問

?「~の会」 は、1回始めるとやめられませんか?

いいえ、やめたいときにやめられます。1回だけのお買い物でももちろん大丈夫です。

1回だけ(ひとつだけ)申し込みたいときは?

インターネットでお申し込みの場合、「次月ご注文フォーム」に、ご購入いただいた「~の会」が表示されています。インターネットでご案内の期限内にその数量欄を「0」にしてご連絡ください。翌月のお届けをストップします。(「ジャストワン」は1回限りのお届けのため表示されません)
1回だけ、商品ひとつだけから、お気軽にお申し込みください。

?デザインは選べませんか?

ワンパターン、ジャストワンはデザインをご指定いただけます。それ以外の商品は、お届けするデザインや順番はフェリシモにおまかせいただいています。思いがけない発見や、新しいスタイルが見つかることも。

ページのトップへ

Kraso[クラソ]