日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

糀のうまみたっぷりみそ 合わせみそ1kg

糀のうまみたっぷりみそ 合わせみそ1kg

1袋

¥1,600(+8% ¥1,728)

コネクション

送料別 フェリシモ便

米糀と麦糀の合わせみそ

米糀たっぷりの江戸みそに同量の麦糀を合わせた群馬版の江戸みそ。糀をたくさん入れることで塩分は控えめで、さらに甘味とコクを加えることができました。また、米糀と麦糀により自然発生するクエン酸による酸味も含まれ、複雑で深い味わいに。朝夕の食事に欠かせない逸品です。

数量

ショッピングバッグに入れる

キャンペーンについての注意事項はこちら

●内容量 / 合わせみそ1kg
●原材料 / 米糀(国産)、麦糀(国産)、大豆(国産・遺伝子組み換えでない)、塩(国産)
●賞味期限 / 製造から365日
※この商品はフェリシモから、コレクションとは別便でお届けします。
●原料原産地名 / 米糀、麦糀、大豆、塩(国内産)
(製造加工:日本)
送料について:【フェリシモ便】この商品は、フェリシモの配送センターからお届けします。月々のフェリシモコレクションとは別便になります。あらかじめご了承ください。
1回のお申し込みにつき、6,000円(税込み)以上の場合、送料は無料です。
6,000円未満の場合は、送料600円を申し受けます。

お届け時期:インターネットでお申し込みの場合、4~10日でお届けします。

  • 特定商取引法に関する表示
    ●発送元:株式会社フェリシモ
    ●お問い合わせ先:フェリシモ(詳しくはこちらをご覧ください)
    ●交換・返品について:商品特性上、原則として交換・返品はお受けできません。
    ●ご注文キャンセル:商品特性上、ご注文後のキャンセルはお断りしております。(詳しくはこちらをご覧ください)
    ●事業者名(販売元):フェリシモ

DETAIL

  • 1566年に群馬県高崎の地で創業した糀屋は、当初から「糀」と「糀菌」の製造販売を手掛け、今もなお昔ながらの伝統製法を続けています。450年変わらない手づくりの生糀は専用の室(むろ)で作られます。糀菌が発芽しやすい40度程度に設定した室で精米した米を蒸し、熱で糀菌が死なないよう、手でかき混ぜて冷やします。米が40度くらいになったら米ひと粒ひと粒に糀菌を付けていきます。大変な作業ですが、機械でやってしまうと米が割れてしまい、中心部まで菌が届かず、コクやうま味が十分に引き出せません。ていねいにやさしく手作業で行うことで、甘味とうま味が強く活性度の高い糀が生まれます。室は他の菌を持ち込まない徹底した管理を行っており、入ることが許されているのは限られた職人のみ。毎日同じやり方ではなく、その日の温度や湿度、気温などによって発酵時間や室温を調整します。また、糀の品質を決める米は、契約農家から届くあきたこまちを使用。伝統文化の担い手として、手間はかかってもおいしいものを作りたい、後世にこの味を伝えていきたい。そんな思いで糀を作り続ける糀屋は、伝統を受け継ぎながらも、世の中の変化に伴い、新たな商品展開にも積極的です。江戸時代に販売していた甘酒の復刻版や糀を使った調味料など、どれも好評を得ています。
  • 蒸した米を急激に冷ますために手で混ぜます。この工程が機械では出せないうま味、甘みの秘密です。
  • 40度の室温の中、手作業で米ひと粒ずつに糀菌をつけていきます。大変ですが、おいしい糀づくりに欠かせない工程です。
  • 専用の布でくるみ丸一日寝かせたあと、米をつぶさないように手作業で糀に空気を送り込んでいきます。
  • 発酵が均一になるように温度と湿度を確認しながら糀蓋を上下差し替えます。
  • おいしい糀のできあがりです!
  • 室町時代から続く糀屋さんが伝統の製法で作っているおみそ。そう聞いただけで食べてみたくなりました。米みそもありますが、私は米と麦の合わせみそのほうが甘めで好きです。糀屋さんの糀をたーっぷり使っているそうですよ。みそ汁はほぼ毎日食べているので、添加物の入っていない、おいしいみそってうれしいです。
¥ In stock

ページのトップへ

おいしい料理のさしすせそ