日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

  • おりこう雑貨
  • 手芸小物・キット
並べ替え:
指定なし
新着順
価格の高い順
価格の低い順
表示件数:
30件
60件

画像切り替え

育脳メソッド家庭用教材

「林式育脳メソッド」の7つの脳のしくみと、7つの脳を開発するための生活習慣づくりが、8枚のカードで最短で学べます! 育脳メソッドは、神の手と呼ばれ、11万人の患者の治療にあたった脳外科医・医学博士林成之氏が提唱される脳機能性開発です。スポーツ界の指導的立場にある著名人や教育関係者がその理論に学び、実践に繋げておられます。子育ては、おかあさん、おとうさんの「自分育て」にほかなりません。未来のこどもの輝く姿をこころに描きながら、こどもたちとともに成長し合うことのできる、かけがえのない子育ての今を思いきり充実させてみませんか。

【プロフィール】
林 成之 Nariyuki Hayashi 脳神経外科医 医学博士

1939年、富山県生まれ。日本大学医学部、同大学院医学研究科博士課程修了後、マイアミ大学医学部脳神経外科、同大学外傷センターに留学。日本大学医学部附属板橋病院救命救急センター部長、日本大学医学部教授、マイアミ大学脳神経外科生涯臨床教授を経て、2006年より日本大学総合科学研究科教授。救急救命センターで十万人の救急患者を治療し、数々の画期的治療法を開発。脳梗塞で倒れたオシム監督を救った「脳低体温療法」の世界的権威。北京オリンピックでは北島康介選手をはじめとする日本代表水泳チームへの脳科学的戦略指導に参加し、金メダル受賞へと導いた。著書多数。

sale対象外

脳の才能を育むしあわせカード

1セット

¥953+税

社会をたのしくする障害者メディア 雑誌 コトノネ Vol.19

コトノネは障害者のはたらきを応援します。

体を動かすこと、
いっしょうけんめい覚えて、つくること、
つくったものを、買っていただくこと、
それを、「よかったよ」と喜んでいただくこと。
はたらくよろこびがつながって、
障害者の賃金になり、暮らしを支えます。
障害者の「はたらくよろこび」は、
きっと、みんなの生きるよろこびにもつながっています。

読んで応援してください。
障害者、障害者の家族、
障害者施設の運営者、
障害者とともに生きる社会を望む人たちに、読んでいただきたい。


■ 特集 地方を支える福祉
この坂をおりて、町で暮らそう
「縮む行政」を支える福祉
障害者福祉は、みんなの福祉

■ 連載「ぶっちゃけインタビュー」
「ねんきん生活者」/北海道大学電子科学研究 所 教授 中垣俊之
「脳の粘菌が迷路を解く」

■ 自然栽培パーティ
高原直泰選手は、沖縄で百姓になった

■ 連載「『脱福祉』から『超福祉』」へ16
もう刑に服してきているわけですから。 大きな気持ちでね

小澤 輝真(北洋建設株式会社)

■ シリーズ 農と生きる障害者9
工賃月額3000円の人が、月収10万円になる
株式会社九神ファームめむろ

■ シリーズ 障害者の就労事例18
ボイラー技士の星

sale対象外

雑誌 コトノネVol.19

1冊

¥722+税

コトノネは障害者のはたらきを応援します。

体を動かすこと、
いっしょうけんめい覚えて、つくること、
つくったものを、買っていただくこと、
それを、「よかったよ」と喜んでいただくこと。
はたらくよろこびがつながって、障害者の賃金になり、暮らしを支えます。
障害者の「はたらくよろこび」は、
きっと、みんなの生きるよろこびにもつながっています。

読んで応援してください。
障害者、障害者の家族、
障害者施設の運営者、
障害者とともに生きる社会を望む人たちに、読んでいただきたい雑誌です。

■コ トノネグラビア
永幡嘉之「東北、野のたより」

■特集 福島から5年 それでも、前を向く

■立ち入り禁止の国際美術展 Chim↑Pom
福島の帰還困難区域で開催中。「見に行けないこと」が問いかける。

■連載「ぶっちゃけインタビュー」
漫画家 いがらしみきお 障害者の「生きる覚悟」

■自然栽培パーティその3
学校へ、企業へ、町へ、みんなの自然栽培

■連載「『脱福祉』から『超福祉』」へ 14
何が終わったのか。何がはじまりなのか。
布施龍一(NPO法人フェアトレード 東北)

■シリーズ 農と生きる障害者7
ITで実らせた、1粒1000円のいちご
農業生産法人・株式会社GRA

■シリーズ 障害者の就労事例16
給食センターの星

sale対象外

雑誌 コトノネVol.17

1冊

¥722+税

コトノネは障害者のはたらきを応援します。

体を動かすこと、
いっしょうけんめい覚えて、つくること、
つくったものを、買っていただくこと、
それを、「よかったよ」と喜んでいただくこと。
はたらくよろこびがつながって、障害者の賃金になり、暮らしを支えます。
障害者の「はたらくよろこび」は、
きっと、みんなの生きるよろこびにもつながっています。

読んで応援してください。
障害者、障害者の家族、
障害者施設の運営者、
障害者とともに生きる社会を望む人たちに、読んでいただきたい雑誌です。

■コトノネグラビア
キジムナーが住む森の佐喜眞美術館

■特集 沖縄おーきなわ
観光地めぐりでは味わえないコトノネ 流ガ イド

■連載「ぶっちゃけインタビュー」
現代美術家 照屋勇賢
トイレットペーパーの芯に、「ヤンバ ルの 森」が宿る

■連載「脱福祉」から「超福祉」へ11
クリスマス島で見つけた「降りてゆく 生き 方」
喜納平(社会福祉法人トゥムヌイ福祉 会)

■レポート:農福連携セミナー
農福連携で、地方創生へ

■シリーズ 農と生きる障害者4
沖縄の食文化を取り戻す、健康農園づ くり
合同会社かがやき

■シリーズ「障害者の就労事例」13
JAおきなわの星

sale対象外

雑誌 コトノネVol.14

1冊

¥722+税

コトノネは障害者のはたらきを応援します。

体を動かすこと、
いっしょうけんめい覚えて、つくること、
つくったものを、買っていただくこと、
それを、「よかったよ」と喜んでいただくこと。
はたらくよろこびがつながって、障害者の賃金になり、暮らしを支えます。
障害者の「はたらくよろこび」は、
きっと、みんなの生きるよろこびにもつながっています。

読んで応援してください。
障害者、障害者の家族、
障害者施設の運営者、
障害者とともに生きる社会を望む人たちに、読んでいただきたい雑誌です。

■特集  お正月は かわいく縁起
全国の施設から、幸多い品々を見つけてきました。

■連載「ぶっちゃけインタビュー 
浦河べてるの家理事 向谷地生良 
病む「つらさ」病まない「むなしさ」

■連載「脱福祉」から「超福祉」へ9 
母よ、障害者の「まゆ」を紡ぐな
且田久雄(株式会 社ダックス四国)

■就労スペシャル版
「実習生の日比野 克彦です」
■シリーズ 農と生きる障害者2 
過疎だって売りにする。六次化農業のパイオニア
社会福祉法人白鳩会

■鹿児島の湯・吉野温泉に、いらっしゃいませ 
おやっとさあ。ほいなら、どっぱーん!

■シリーズ「障害者の就労事例」11 
部品工場の星

sale対象外

雑誌 コトノネVol.12

1冊

¥722+税

コトノネは障害者のはたらきを応援します。

体を動かすこと、
いっしょうけんめい覚えて、つくること、
つくったものを、買っていただくこと、
それを、「よかったよ」と喜んでいただくこと。
はたらくよろこびがつながって、障害者の賃金になり、暮らしを支えます。
障害者の「はたらくよろこび」は、
きっと、みんなの生きるよろこびにもつながっています。

読んで応援してください。
障害者、障害者の家族、
障害者施設の運営者、
障害者とともに生きる社会を望む人たちに、読んでいただきたい雑誌です。

■特集1 時を染めるストール
宮崎の里山で、岩手の高原で。一瞬の時を紡ぎ、染め、織り上げる一点もののストールを見つけました。
■特集2 とべないウサギ
調査の結果を絵本に。「障害者を愛する人」を探す旅に出たウサギさんとカメさんの話。
■連載「ぶっちゃけインタビュー」
建てない建築家 坂口恭平「ホームレス」と「ライフレス」
■シリーズ 農と生きる障害者1
売り方は 野菜が 知っている
■就労支援スペシャル版
草野球の少年 野々村光子(東近江圏域障害者就業・生活支援センター)
■連載「「脱福祉」から「超福祉」へ8
「この人たちが、これから歩いていく道を 整えなければ」 風間美代子(NPO法人多摩草むらの会)
■シリーズ「障害者の就労事例」10
キユーピーあいの星

sale対象外

雑誌 コトノネVol.11

1冊

¥722+税

コトノネは障害者のはたらきを応援します。

体を動かすこと、
いっしょうけんめい覚えて、つくること、
つくったものを、買っていただくこと、
それを、「よかったよ」と喜んでいただくこと。
はたらくよろこびがつながって、障害者の賃金になり、暮らしを支えます。
障害者の「はたらくよろこび」は、
きっと、みんなの生きるよろこびにもつながっています。

読んで応援してください。
障害者、障害者の家族、
障害者施設の運営者、
障害者とともに生きる社会を望む人たちに、読んでいただきたい雑誌です。

■特集「コトノネ実施A型事業所調査報告」
全国330のA型事業所に行ったアンケートの結果を紹介。識者の解説と愛知県と千葉県の事例紹介もぜひお見逃しなく。
■シリーズ「障害者の就労事例」
「ウェブの星」。
アクセシビリティの専門家として働く。
■新連載「武田塾の卒業生を追って」
「利用者の工賃をあげたい」。一つの思いで経営塾に参加した施設のその後を紹介するシリーズ。
■連載「脱福祉から超福祉へ」
社会福祉法人共生シンフォニー「がんばカンパニー」
おなじ想いの仲間と一緒に、ほんとうに食べたいと思えるものをつくる。「ひとはみんな、弱いものやから」

sale対象外

雑誌 コトノネVol.6

1冊

¥743+税

コトノネは障害者のはたらきを応援します。

体を動かすこと、
いっしょうけんめい覚えて、つくること、
つくったものを、買っていただくこと、
それを、「よかったよ」と喜んでいただくこと。
はたらくよろこびがつながって、障害者の賃金になり、暮らしを支えます。
障害者の「はたらくよろこび」は、
きっと、みんなの生きるよろこびにもつながっています。

読んで応援してください。
障害者、障害者の家族、
障害者施設の運営者、
障害者とともに生きる社会を望む人たちに、読んでいただきたい雑誌です。

■特集1「企業が福祉ビジネスをおもしろくする」
今企業は社会貢献の枠を越えて、福祉施設と新しいビジネスをつくりだそうとしている。
企業と協業する注目の施設を取材しました。
■特集2「りんごもカシスもブルーベリーも実ったよ!」
土と風と一緒に果物を育て、自然の恵みを生かした商品をつくる施設をご紹介。
■シリーズ「職場の星」
「ラウンドワンの星」。
持ち前の明るさと粘り強さで、ラウンドワンを支える「星」が登場。
■連載「ぶっちゃけインタビュー」
須藤シンジさんに聞く
「ファッションは、障害を超える」意識のバリアをカッコよく壊す、渋谷発の取り組み。
■連載「武田塾の卒業生を追って」
「いつか、障害者を納税者に」ある施設が掲げる思い。
■連載「脱福祉から超福祉へ」
「逃げたらアカン」を信条にビジネスに取り組むある施設のお話し。
■連載「父が愛したボローニャ」井上麻矢(「こまつ座」代表)
■連載「柳浩太郎 便り」特別編
■連載「南相馬21.5キロ日記」末永 亨

sale対象外

雑誌 コトノネVol.7

1冊

¥743+税

ページのトップへ

Real Stock