フェリシモ >  Couturier[クチュリエ] >  フランスのアンティーク布 トワル・ド・ジュイ

Toile de Jouy 200th コラボ企画 未来に伝えたい、残したい手作り文化
フランスのトワル・ド・ジュイ博物館所蔵のアンティーク布を、時間をかけて復刻したクチュリエだけのオリジナルクロスがついに完成しました!
クチュリエだけのオリジナルクロス

トワル・ド・ジュイとは

トワル・ド・ジュイ博物館

トワル・ド・ジュイ博物館

プランナーの情熱が生んだ奇跡のような復刻版。

18世紀、世界中をとりこにしたフランスの伝統的な布“トワル・ド・ジュイ”。そのなまえは知らなくとも、フランスの雑貨やアンティークが好きな方なら、この柄に見覚えがあるはず。ストーリー性のある絵画のような繊細なタッチは、フランス各地で今も愛され続けています。その中でも、ヴェルサイユ近郊の町、ジュイ=アン=ジョザスのマニュファクチュール(工場)で作られたプリント布がとりわけ高い評価を得ていたことから、「トワル・ド・ジュイ(ジュイの布)」と呼ばれるようになりました。この工場の創設時からディレクターとして活躍したクリストフ・フィリップ=オベルカンフは、高品質のプリント技術はもちろん、著名な画家と積極的にコラボするなど時代の流行をいち早くとらえ、その人気はマリー・アントワネットやナポレオンもとりこにするほどでした。その後、時代を経て工場は衰退してしまいますが、輝かしい功績をたたえ、現在は「トワル・ド・ジュイ博物館」となって、その歴史の伝承と新たな発展を担っています。

クチュリエとトワル・ド・ジュイ博物館の夢のコラボ。

2012年の秋、この博物館を訪れたクチュリエのプランナーが、オベルカンフ時代の布に惚れ込み、交渉を重ね、今回ついに夢の復刻版を誕生させることができました。博物館が所蔵する貴重なアンティーク布の中から12柄を厳選し、日本のすぐれた職人技とプリント技術で復刻するため、初めて館外への持ち出し許可をいただくことに。その後も、手作業による図案の修正や、プリントの試作を重ね、フランスのエスプリあふれる商品が完成しました。奇しくも2015年は、トワル・ド・ジュイの生みの親でもあるオベルカンフの没後200年となる記念の年。この布がみなさまの手でさまざまな作品となり、愛用されることで、トワル・ド・ジュイの新たな歴史が始まることでしょう。

メダイヨンとカルトゥーシュ
フランス王の息子“ドーファン”
古代ローマの風景
トワル・ド・ジュイ フランスの伝統を今に受け継ぐクロス1.2mの会
トワル・ド・ジュイ
フランスの伝統を今に受け継ぐクロス1.2mの会

月1セット ¥2,800+税 詳しくはこちら
トワル・ド・ジュイ フランスの伝統を今に受け継ぐクロス3mの会
トワル・ド・ジュイ
フランスの伝統を今に受け継ぐクロス3mの会

月1セット ¥6,800+税 詳しくはこちら
生地の端には、トワル・ド・ジュイ博物館とクチュリエのダブルネームのロゴが!

博物館が所蔵する貴重なアンティーク布の中から12柄を厳選。 当時のフランスの歴史を物語る布は、6つのカテゴリーにわかれています。

マニュファ
クチュールの仕事

ジュイ=アン=ジョザスのオベルカンフ氏の工場で作られていた生地の製作工程を、細やかに描いた貴重なデザイン。生地の下準備から、染め、後の仕上げまで、製作には大変な日数がかかったと言われています。

マニュファクチュールの仕事Ⅰ
拡大

マニュファクチュールの仕事Ⅰ

マニュファクチュールの仕事Ⅱ
拡大

マニュファクチュールの仕事Ⅱ

田園風景

18世紀の終わりごろ、ブルジョワ階級の間で、田園風景への郷愁や憧れが徐々に広がっていったことから、当時の流行を取り入れてデザインされていたトワル・ド・ジュイのプリント柄にも、羊飼いや村でのお祭りのシーンなどが描かれるようになりました。

田園生活の楽しみ
拡大

田園生活の楽しみ

ぶどうの収穫
拡大

ぶどうの収穫

歴史

トワル・ド・ジュイの図案の中には、歴史的事実を漫画のシーンのように表現したものがあります。好んで用いられたのは、フランスの歴史において重要な人物たちです。

フランス王の息子”ドーファン”
拡大

フランス王の息子”ドーファン”

お城の庭園
拡大

お城の庭園

アンティーク調
モチーフ

1796年以来、装飾の世界では、アンティーク調のモチーフが流行するようになりました。ナポレオンが古代ローマの教訓に価値を置いていたことも影響し、神話の英雄や古典的な寓話などが生地にプリントされるようになったと考えられています。

古代ローマの風景
拡大

古代ローマの風景

メダイヨンとカルトゥーシュ
拡大

メダイヨンとカルトゥーシュ

その時代のできごと

プリント柄の中には、生産当時のニュースを描いたものも多くありました。そのため、今となっては、18、19世紀に起きた歴史的事実の多くを生地の絵柄から知ることができます。また、ニュースが古くなると生地のデザインの一部を描き変えたりもしていたそうです。

アメリカの独立
拡大

アメリカの独立

ゴネスの気球
拡大

ゴネスの気球

文学とオペラ

古典文学やロマンス語で書かれた小説が流行った時代には、文学や哲学をテーマとするモチーフが市場に出回るようになりました。この風潮から、文学好きな客層のために、オペラやバレエなどのシーンが生地にもプリントされました。

バラ冠を受ける少女
拡大

バラ冠を受ける少女

ドン・キホーテ
拡大

ドン・キホーテ