日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

イーラーショシュ

イーラーショシュとの出会い。

時代を超えて受け継がれるかわいい手仕事。

Irasos

商品詳細を見る商品詳細を見る

その始まりは、トランシルヴァニア(現在のルーマニア)の村々から。女性たちの人生を美しく彩り、大切に受け継がれてきた伝統の刺しゅう、“イーラーショシュ”の魅力をたっぷりとお届けします。

イーラーショシュとは

古くから受け継がれる ヨーロッパの伝統刺しゅう。

イーラーショシュは、トランシルヴァニア(現在のルーマニア)にあるカロタセグ地方の村々で、古くから受け継がれてきた伝統の刺しゅう。今も昔も変わらず村の女性たちが手仕事として興じ、暮らしのなかで、この美しい刺しゅうを目にすることができます。19世紀末に注目を浴びた後、栄枯盛衰を繰り返しながらいくつもの時代を越えてきたイーラーショシュ。のびやかに植物を描いた太い線も農村的で、どこか懐かしくもあり、自然豊かな大地の力強さとやさしさが感じられます。

細かな図案を描くおばあさんたちの存在。

イーラーショシュの「イール」とは、ハンガリー語で「描く」ことを意味しています。村には図案描きのおばあさんがいて、それぞれの注文に応じて図案を描いてくれるそうです。長年のインクがしみ込んだ手づくりの型紙を使い、ひとつひとつの布に図案をほどこしていく。その瞬間から、生命の息づかいが聞こえてくるような感覚です。おばあさんが引退するときには、型紙は次の後継者へと大切に受け継がれていきます。

人生の門出とともにある、さまざまな模様。

出産から始まり、成人の式、結婚式、お葬式まで、村人たちの人生の門出を彩ってきたイーラーショシュ。模様の種類も豊富で、チューリップやバラ、向かい合う鳥、ハートなど、おとぎの世界を思わせる美しいモチーフが次々に生み出されてきました。独特の太い刺しゅう糸の浮き立つような立体感と色鮮やかな仕上がりには、作り手の創作心も表れるといいます。ブラウスにタペストリー、テーブルマット、枕カバー、クッションと、刺しゅうがほどこされているものは本当にさまざま。その一針、一針に込められた想いとともに、イーラーショシュはトランシルヴァニアの暮らしに寄り添っています。

トランシルヴァニアからの贈りものを あなたのもとへ。

はるか遠い異国の伝統刺しゅうに魅せられ、今も現地で暮らしている伝統手芸研究家の谷崎 聖子さん。クチュリエでは今回、谷崎さんのデザイン&作り方監修のもと、6種類の小物を作る素敵な商品が誕生しました。まず初回は、練習モチーフとドイリーで基本をしっかりとレッスン。2~5回と実用的な小物を作り、集大成となる6回目にあこがれのクッションカバーに挑戦できます。手仕事のぬくもりがあふれる伝統刺しゅうを、この機会にぜひ体験してください。

材料のお話

糸

イーラーショシュ特有のボリュームを生み出すのは、この糸。刺しゅう糸というには、とっても太いコットンの糸を使って、図案線の間を埋めるように刺していきます。イーラーショシュに使われる色は、赤、白、黒、青の4色。現地の糸に近い太さ、近い色の糸をオリジナルで開発しました。太い1色の糸でざくざく刺すことで、おおらかであたたかみのある風合いに仕上がります。

針

イーラーショシュの太い糸が通る太めの針を初回のお届けにセット。トランシルヴァニアの女性たちのように、外出先でも楽しめるよう、持ち運びに便利な、素朴でかわいい木製針ケースつきです。

布

現地では、ハリのある手織りの麻布を使用するのですが、クチュリエでは、針通りのよいざっくりとした麻布に、刺しやすいよう、接着芯をあらかじめ貼ったものをお届けします。素朴なナチュラルベージュと、鮮やかな色が引き立つオフホワイトの2色の生地をデザインにあわせてセレクトしました。

  • チューリップとつぼみのドイリー このデザインから お届けします
  • かぶのモチーフのミニバッグ
  • チューリップときゅうりの モチーフのポーチ
  • 大きなハートのきんちゃく
  • スカラップと茂みの モチーフのポーチ
  • 向かい合う鳥と枝のモチーフの クッションカバー

[1回分のお届けキット例] ルーマニアから贈りものが届いたようなオリジナルのかわいい箱でお届け! 図案印刷済みだから、届いてすぐ 刺し始められます 初回には、専用の針(木製ケース付き)がセット 谷崎さんによる現地情報いっぱいのカード 切って使える図案テンプレートもついてます

プロフィール 谷崎聖子(たにざき せいこ) 伝統手芸研究家/ハンガリー文化コーディネイター

1978年生まれ。ルーマニア、トランシルヴァニア地方在住。大阪外語大学ハンガリー語学科卒業後、ハンガリー政府奨学生としてブダペスト大学フォークロア学科に在籍。イーラーショシュをはじめとする現地の村に息づく手仕事や暮らしを訪ねて歩き、書籍、雑誌、ブログを通して紹介するかたわら、自らも伝統刺しゅうを習得し、製作している。

近年ではルーマニア国立セーケイ博物館にて企画展を主催。東京・大阪ではトランシルヴァニアの手芸の展示や刺しゅうのワークショップを主催するなど、日本に向けてトランシルヴァニアの手芸を主とする農村の文化を紹介する活動を行っている。主な著書に『トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ』、『カロタセグのきらめく伝統刺繍』がある。

谷崎聖子さんとのコラボ商品はこちら

谷崎聖子さんのインタビュー記事を読む

そのほかの刺しゅうキットはこちら

ページのトップへ

Couturier[クチュリエ]

ショップ

コレクション 毎月1回定期便:お申し込みから3~4週間でお届け

ファッション
IEDIT
Live in comfort
Sunny clouds
and myera
シロップ.(ムーミン/フィンレイソン)
HIROMI YOSHIDA.
インナー・美容
flufeel
こども・ファミリー
フェリシモキッズ
雑貨・インテリア
Kraso
YOU+MORE!(ユーモア)
C.C.P
手づくり雑貨
Couturier
食品
CHOU CLUB
おうちレッスン
ミニツク
メリーポイント
FELISSIMO MERRY
スペシャル
フェリシモ ミーツ リラックマ
フェリシモ猫部