システムメンテナンスを行いますので、10月23日午前1時~午前7時の間、フェリシモウェブサイトはご利用いただけません。ご了承くださいませ。 

フェリシモ  >  春を告げる和チョコここだけのお取り寄せ。幸福のチョコレート JAPAN

幸福のチョコレート

チョコレートバイヤーみりが厳選!! 日本のショコラティエ4ブランド

お申し込み・お届け時期

和の世界をぜひお楽しみください!

京都の老舗はちみつ屋

はちみつ屋さんの宇治茶チョコ

1930年から、京都の三条ではちみつ専門店を営む金市(かねいち)商店さん。社長は蜂の話になると止まらないほど、はちみつへの愛情はとどまるところを知りません。今回、はちみつの専門家として「はちみつ宇治抹茶チョコ」を作ってもらいました。パンにつけるのはもちろん、私はホットミルクに溶かしてほしい。はちみつ屋さんの宇治抹茶チョコだから味わえる、最高級のホットドリンクはこれですっ!

久遠

フィアンティーヌセット

こがしきな粉

宇治抹茶

久遠さんは、全国の障がいを持つ人たちの作業所とショコラティエ野口和男氏のコラボで成り立っています。コンセプトは三つのピュア。ひとつは素材のピュア、ふたつ目は作り方のピュア、そして三つ目は作り手の心のピュアです。素敵ですよね。そのコンセプトから生み出されたチョコは、掛け合わせた素材のおいしさがストレートに伝わるまさに「ピュア」な味! 素材を大事にする日本だからこそできるチョコレート、みんながハッピーなチョコレート、それが「久遠」のチョコレート。よくぞここまで作り上げたものです。久遠さんのチョコレートが未来永劫続くことは間違いない!

DariK

カカオ茶

通常のカカオ茶は、カカオ豆の皮のみでできていて、煮出さないと飲めません。「Dari K」ではそれをチョコの原料であるカカオニブを使用し、茶葉の産地、京都・和束町の茶園と試作を続け、京都紅茶のやわらかい口当たりとカカオ豆独特の香りで手軽に飲めるティーバッグタイプのお茶に仕上げました。

茶葉

堪能できる

カカオペースト

Dari Kさんができた当時、「スラウェシ島のカカオ!?」と驚きました。実は私が初めてカカオに出会ったのが、インドネシア・スラウェシ島なのです。農業の指導がほぼなかったためか、当時質的に評判がよくない生産地であったインドネシアのカカオ。それをDari Kさんが現地の人を指導し、カカオの質を上げるところから始めて、今ではとってもすばらしいインドネシアカカオのチョコレートを作るまでになりました。今回紹介すべき日本のチョコレートの代表として、真っ先に浮かんだ「Dari K」。チョコレートはそのコンセプトの通り、インドネシアのカカオをそのまま感じられるカカオ丸出しの味わい。そこが真っ向勝負で好きなのです。カカオを農産物として大地の恵みとして味わう。そういう食べ方もチョコにはあるんです。

マダムキキ

アートなお猪口

ベネチアで活躍するガラス作家の植木寛子さんを京都に招いて作った、赤いガラスがきらめく一点もののアートなお猪口(ちょこ)に、神戸の白鶴酒造の日本酒を使ったチョコレートをセットで。植木寛子さんの日本での制作は今回が初となり、京都の窯で焼かれたお猪口にガラスをつけてどこにもない1点もののオリジナル作品となりました。この美しすぎる和チョコレートは、WEB限定販売です。お見逃しなく!
植木寛子
official HP :www.hirokoartglass.com/

お申込締切

システムメンテナンスを行いますので、10月23日午前1時~午前7時の間、フェリシモウェブサイトはご利用いただけません。ご了承くださいませ。